« 国連分担金は常任理事国が3分の2は持つべき | トップページ | 韓国外相の来日を歓迎する »

2005年10月21日 (金)

総理の靖国参拝「結果責任」再論

 私の発言について、masasanから「これは明らかに間違ったコメントですね。要するに『外交よりも信念を優先させた』とおっしゃりたいと思うのですが、そんな次元の問題ではないのです。中韓は、問題化することによって、自国の利益を得ようとしているだけであって、それを問題として取り上げること自体が、実は中韓に有利に働いてしまっているのです。神や、祖先に対して礼をすることは、日常的行為です。そんなことまで干渉されてはたまりません。逆に、中韓はそんなことでゴタゴタしている日本を見て、いよいよ調子づいて、イチャモンをつけるでしょう」というコメントがありました。

 なるほど、言われてみれば小泉総理の参拝は「信念」だけではなく、(主観的には)何かを実現しようとする意図、戦略にもとづいた行動である可能性もありますね。

 では、何を実現しようと言うのでしょうか。私は中韓に対して外交上、あるいは国際法上、言うべきことや主張すべきことがあれば、明示的に、そのことを直接ハッキリ言えばいいのだと思います。

 私は「A級戦犯合祀はおかしいじゃないか」「宗教法人の判断としてA級戦犯を合祀するというのなら、日本政府がサンフランシスコ平和条約で東京裁判の結論を受け入れたことを否定しているとの誤解を避けるために総理の参拝は控えるべきだ」という意見は筋が通っていると思いますから、中国政府、韓国政府の考えを単なる「イチャモン」と思っていません。

 だから「この問題で相手の言い分を認めてしまうと、他の問題でもズルズル押されてしまうことになる」とは考えていないのです。筋の通った問題については堂々と主張し、そう簡単には引き下がらない。もっと自信をもってもいいのではないですか。

 小泉総理は、中曽根総理以降の歴代総理の判断を覆し、日本の国内情勢を「ゴタゴタさせている」張本人なのです。やはり、私はA級戦犯合祀の問題に説得力のあるけじめをつけないままの総理の靖国参拝強行は、先の発言で申し述べた通り、日本の国益を大きく損なうと考えます。

|

« 国連分担金は常任理事国が3分の2は持つべき | トップページ | 韓国外相の来日を歓迎する »

コメント

靖国神社参拝、歴史教科書について中国政府が日本に要求してきていること。これは中国共産党の歴史的正当性の追認です。これらの文化的侵略行為は、文化大革命、天安門事件、チベットの宗教弾圧・人権侵害、東トルキスタンの残虐行為とぴたりと並んで見えます。

就任当初、韓国の盧武鉉大統領は、これらの問題の日本への追及には慎重でした。しかしながら盧大統領は、元より支持基盤が脆弱であったことなどから弾劾訴追を受けるまで政権が不安定化した後に、一転して反日的な姿勢を示すようになりました。親日真相究明法などが浮揚策としてテコのように使われています。

>私は中韓に対して外交上、あるいは国際法上、言うべきことや
>主張すべきことがあれば、明示的に、そのことを直接ハッキリ
>言えばいいのだと思います。

小泉首相は自らの靖国神社の参拝に、外国人からとやかく言われる筋合いのものではない、と明言しています。上記の内容を敢えて口に出すまでのことは無いでしょう。それこそ国際問題に発展します。不当な圧力に屈しない、という毅然とした態度を示せばよいのです。

投稿: 鼎 | 2005年10月22日 (土) 19時15分

こんにちは。私は森田さんの意見に全面的に賛成です。間違った事は言っていないと思います。

投稿: Nasbon | 2005年10月22日 (土) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/6502504

この記事へのトラックバック一覧です: 総理の靖国参拝「結果責任」再論:

« 国連分担金は常任理事国が3分の2は持つべき | トップページ | 韓国外相の来日を歓迎する »