« 選挙区制度を見直すなら | トップページ | 「民主化」でイスラム原理主義勢力台頭 »

2005年12月 9日 (金)

中国のゴミ捨てマナー

 昨日(12月8日)未明にNHK・BS1で放送された中国・中央電子台のニュース(午前3時20分頃)のトップ項目は北京市民のゴミ捨てのマナーについてでした。老若男女問わないゴミの散らかしっぷりの映像にはあきれすぎて笑ってしまいました。

 最近、日本海沿岸に中国や韓国からのゴミが大量に漂着して困っているという問題があるそうで、「クローズアップ現代」(NHK総合、19時半~)などで取り上げられています。

 12月7日の「今日の世界」(BS1、23:15~)では富山での国連環境会議主催の日中韓ロのラウンドテーブルの様子が取り上げられていましたが、中国政府の女性は今年日本沿岸に中国の医療廃棄物が大量に漂着した問題についても「調査しなければわが国のものかわからない」と官僚的な対応に終始していました。

 その様子を見ていたうちの奥さんが「北京に行ったとき、道ばたにゴミが集められているようなところがたくさんあったけれど、翌日もそのままだった。ちゃんと収集しているのかしら」と言っていたところ、翌朝見たCCTVの録画でまさしくゴミ箱のまわりにゴミを放り投げてゆく人々の映像と、それが風で吹き飛ばされて町を汚すというアナウンスに触れることになったわけです。

 中央電子台のニュースは通常、トップ胡錦濤主席、二番手温家宝総理の動静、三番手以下もそれに準ずるという決まったパターンで、クレムリノロジーのようなものに興味ある人以外には困った構成で、中国の若い人たちも「見てる人はいないよ」と言っていますが、この日はたまたま国のトップ以下が海外出張の移動日にでもぶつかったのか、珍しいトップニュースでした。

 これを見た中学生の息子が「中国人はバカだなあ」と言いましたが、そうではなくて「民度」の発展レベルの問題だと言って聞かせました。何しろ、日本で言えば夜7時のNHKのニュースのトップでやっているわけで、北京オリンピックに向け「このままじゃ」という意識が外国帰りなどの人々の間では強くなってきたのではないでしょうか。窓からのゴミ投げ捨ては返還前の香港でも有名でしたから、政治体制の問題というわけでもないでしょう。

 わが国だって、あいかわらず通勤時の駅周辺では人混みで平気でタバコの煙をふかす人々が多く、吸い殻の投げ捨ても多数見かけます。歴史的条件から遅れた国を笑うより、他山の石としてお互い多少なりとも自国の文化水準向上に努めたいものです。

 

|

« 選挙区制度を見直すなら | トップページ | 「民主化」でイスラム原理主義勢力台頭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/7539723

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のゴミ捨てマナー:

« 選挙区制度を見直すなら | トップページ | 「民主化」でイスラム原理主義勢力台頭 »