« 河野洋平衆院議長の広島スピーチ(2005年8月) | トップページ | 今夜(1/15)夜10時10分にNHK・BS1で再放送予定のBS特集「アメリカは日本をどう見ているか」は良い番組 »

2006年1月10日 (火)

「クローズアップ現代」のモーツァルト年

 昨夜(2006年1月9日)の『クローズアップ現代』(NHK総合テレビ19時半~、BS1で深夜に再放送)は、生誕250周年のモーツァルト・イヤーということでスタジオにN響メンバーを招いてアイネ・クライネ・ナハトムジークの冒頭、クラリネット5重奏の一部のスタジオ演奏も交えたものでした。国谷さんが最初は苦手だったというスポーツは時々取り上げてきた同番組の新機軸でしょうか。

 番組内容は「ご愛敬」の範囲かも知れませんが、小柴教授の「音楽家にはかなわない。直接にほんとうにたくさんの人に喜びを与えている。アインシュタインがどんなに偉いといっても、そんなことはできない」といった話しや、池辺晋一郎さんの「モーツァルトの音楽の中には『対話』がある」、青柳いづみ子さんの「ベートーヴェンのような同じ楽想の繰り返しのしつこさがなく、次々に新しい楽想を繰り出すサービス精神に『多くの人に愛されたい』というモーツァルトの気持ちが一杯あふれている」といった話しを共感しながら聞きました。

 N響メンバーのスタジオ演奏も手抜きのない美しいもので、たぶん残響のない演奏しにくい環境でよい仕事をされたと思います。音声の技術者もいつもの人ではなく、クラシック音楽の担当者の人ではないでしょうか。もしそうでないなら大きな拍手です。

 20年あまり前のハリウッド映画『アマデウス』は、DVDが廉価で出ておりお薦めです。史実との関係ではいろいろあるのかも知れませんが、当時のウィーンに擬したプラハの街並みも美しく、ネビル・マリナー氏の監修でモーツァルトの音楽の本質、主なオペラの「肝」などについてのよいガイドになっていると思います。 

|

« 河野洋平衆院議長の広島スピーチ(2005年8月) | トップページ | 今夜(1/15)夜10時10分にNHK・BS1で再放送予定のBS特集「アメリカは日本をどう見ているか」は良い番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/8090738

この記事へのトラックバック一覧です: 「クローズアップ現代」のモーツァルト年:

« 河野洋平衆院議長の広島スピーチ(2005年8月) | トップページ | 今夜(1/15)夜10時10分にNHK・BS1で再放送予定のBS特集「アメリカは日本をどう見ているか」は良い番組 »