« デンマーク紙のムハンマド風刺漫画掲載騒ぎ | トップページ | 証券取引等監視委、各紙社説の「独立」提唱を支持する »

2006年2月 3日 (金)

皇室典範改正、小泉総理の方針を支持する

 政府・与党内で皇室典範改正案の今国会提出への慎重論が広がってきたそうだが、なんか変な感じだ。天皇制を安定性をもって維持していくには、提案されている内容は良い内容であると思うからだ。

 男系、男系とこだわる人の多くは男尊女卑の考えから抜け出せない人ではないかと思う。もっと言えば、明治から先の大戦までの「過去の一時期の」天皇制のマインドコントロールが解けていないんじゃないか。

 遺伝子DNAは父親からは2分の1しか継承されない。形質の継承ということとは違うかもしれないが、母系が100パーセント継承されるミトコンドリアDNAに注目するなら、女系の方が「継承」の象徴としては優れているとさえ言えるのではないか。

 小泉氏の考え方、方針を支持するというのは全くもって不愉快なことだが、この問題については森田は小泉純一郎内閣総理大臣を支持する。

|

« デンマーク紙のムハンマド風刺漫画掲載騒ぎ | トップページ | 証券取引等監視委、各紙社説の「独立」提唱を支持する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/8482261

この記事へのトラックバック一覧です: 皇室典範改正、小泉総理の方針を支持する:

« デンマーク紙のムハンマド風刺漫画掲載騒ぎ | トップページ | 証券取引等監視委、各紙社説の「独立」提唱を支持する »