« 「質問主意書」封じは許されない | トップページ | 皇室典範改正、小泉総理の方針を支持する »

2006年2月 2日 (木)

デンマーク紙のムハンマド風刺漫画掲載騒ぎ

 デンマーク紙がムハンマドを貶める風刺漫画を掲載したとしてイスラム圏諸国に怒りが広がっているということだ。良い関係を結ぶつもりがあるならば、相手が絶対いやだということは避けることが賢明だろう。靖国参拝と同じことだ。ヨーロッパに掲載を支持し「言論の自由を認めるべし」とイスラム圏を批判する意見も結構あるという報道(IHTも)には残念な感じがする。

 キリスト教もイスラム教も、ユダヤ教とともに中東のごく狭い地域に集中して生まれた「一神教」の宗教だ。今ではキリスト教とイスラム教で世界人口の大きな部分を占めるわけだが、一方でわが国の「八百万の神」信仰のような多神教の方がもともとは圧倒的多数派だったはずだ。ローマ帝国がキリスト教化する前のヨーロッパだってそうなのだから。

 イスラム教の方も、一部のテロ肯定などは本来の教義を曲解したもののようである。イエスは「右の頬を叩かれたら、左の頬を差し出せ」と山上の垂訓で教えたのではないのかな。どっちも「ほどほど」にして、世界に迷惑をかけないでほしい。

|

« 「質問主意書」封じは許されない | トップページ | 皇室典範改正、小泉総理の方針を支持する »

コメント

マジョリティーがキリスト教徒であるフランス人が(もしくはデンマーク人でもノルウェー人でもいい)、聖書の教えに反してヤリまくっているという現状を踏まえて、例えば処女降誕のマリア様が姦淫に耽っている風刺漫画を描いてみてはどうでしょう?それを見た(今は亡き)マザーテレサやヨハネスパウロ2世が何と言うか?「言論の自由です、児童猥褻に走るイエスキリストも描いてください」なんて言うでしょうか?ヨーロッパ全土のマジョリティーがキリスト教徒であるフランス人が(もしくはデンマーク人でもノルウェー人でもいい)、聖書の教えに反してヤリまくっているという現状を踏まえて、例えば処女降誕のマリア様が姦淫に耽っている風刺漫画を描いてみてはどうでしょう?それを見た(今は亡き)マザーテレサやヨハネスパウロ2世が何と言うか?「表現の自由です、児童猥褻に走るイエスキリストが描かれてもそれも自由です」なんて言うでしょうか?ヨーロッパ各国(中近東にもあるが)のキリスト教寺院にそのエロ漫画を貼り付けて回ったら、キリスト教各国指導者は「表現の自由」といってそれを受け入れるでしょうか。答えは「ノー」でしょう。今回の事件で叫ばれる「表現の自由」とは、苦し紛れの言い訳か、もしくは居直り強盗的発想でしかありません。

投稿: 悲しい出来事です | 2006年2月13日 (月) 16時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/8466073

この記事へのトラックバック一覧です: デンマーク紙のムハンマド風刺漫画掲載騒ぎ:

» 海外ニュース [共通テーマ]
事故、事件、紛争、はたまた芸能、お笑い。 海外のニュース、時事で気になったことを何でも書いてください。 [続きを読む]

受信: 2006年2月 5日 (日) 17時09分

» イ ケ ナ イ 偶 像 崇 拝 ~ムハンマド風刺画問題~ [Daily タンサー 雷電]
 ヵ '7 ヵ ミ です。 今日は、平成18年2月6日(月)です。  イスラム教の預言者ムハンマドを茶化した漫画をデンマークをはじめとする欧州各地の新聞が掲載したことにたいし、イスラム諸国の癇癪がおおいに突き上がっています。レバノンやシリアにおいては、デンマーク、... [続きを読む]

受信: 2006年2月 6日 (月) 14時15分

« 「質問主意書」封じは許されない | トップページ | 皇室典範改正、小泉総理の方針を支持する »