« ノムヒョン大統領、靖国神社「遊就館」訪問へ? | トップページ | 海軍美化の元凶、阿川弘之の文化勲章は取り消すべき »

2006年3月22日 (水)

米軍基地「法外」移転費に日米安保の本質を考える

ブッシュ政権が進める米軍再編の中で、沖縄の海兵隊の半分をグアムに移す費用の75パーセントの75億ドル(8700億円)を日本が負担すべきだというのがアメリカ政府の意向だそうだ。アメリカは日本防衛の義務を負っており、日本は基地を提供しないというのなら経済的な負担をすべきだということだそうだ。『朝日』と『毎日』の2006年3月19日付社説がともに「法外」と見出しに掲げているがその通りだ。

アメリカは、1951年にサンフランシスコ平和条約を結んで日本占領を終わらせる時に、引き続き日本に駐留したいと考え、吉田茂首相もその意を汲んで日本から駐留の継続を要請する形で、平和条約締結のその日に、講和会議の日本政府代表団とは単独別行動でアメリカとの安保条約に一人調印した。

日米安保はいちばん簡単に言えば「アメリカは(憲法で軍隊を持たない)日本を防衛する」「日本はアメリカに日本に基地を置くことを認める」というものだ。さらに付け加えるならば「駐留費用の半分は日本が持つ」「60年の改訂で『極東に限る』『重大な変更には事前協議する』となったが、実際には日本政府はアメリカ政府がどこで何をするために基地を使うかについて一切制約を求めない」ということが公然の秘密だ。

これまでのいきさつ=いちばん大きなものは1941年に日本がアメリカに対して先制攻撃を行って無謀な戦争を始め、講和の機会を逃して無条件降伏を招いたこと=があり、また現在の関係を変更するために必要な外交的、政治的、経済的エネルギー=極端に言えばアメリカが戦争を仕掛けてくるリスク=を考えれば、「日米安保」の根幹を見直すことは慎重にすべきだろう。しかし、あまり「法外」なことが罷り通ろうとするときには、本質に立ち帰って考え方を整理する必要がある。

まず、日米安保条約の「アメリカが日本の防衛の義務を負う」ということについて。一番強い者に守ってもらうというのは一定の合理性がある。しかし、冷戦終焉でそのことが持っていたと多くの人に信じられていた「決定的」な意味は相対化されたと考えるべきだ。早い話し、思考停止せずに国益上の損得を考えるべきだと思う。

「基地提供」。日本防衛の差し迫った危機がなく、「アジア太平洋」という枠組みで日米安保の意義が再定義されてきたいきさつを考えれば、日本の米軍基地はアメリカのアジア太平洋戦略を支えるのが主な役割であることがわかる。「それは日本の利益になる」という側面があることは否定しないが、だからといってアメリカが沖縄から海兵隊を移動させる時に「米本土ではなくグアムに移動させたい。それがアメリカにとり、また広い意味で日本の国益にも役立つのだから」というのなら、最大限半分までの負担だろう。それ以上をよこせというのは、立ち退きを求められたヤクザがゴネているのと同じではないか。

なおここでの話題は「日米安保」だが、言うまでもなくこれは「日本国憲法」と表裏一体の問題だ。「憲法で軍備を持たない」のが「アメリカ軍に守ってもらう」ということの出発点なのだから、「憲法第9条をどうするか」ということを論じる時には「日米安保をどうするか」を必ず論じるべきだ。名目上も「軍」を持つということであれば、自動的に外国軍隊の常時駐留を認めるなどということは、国家主権の観点からはよほどのことがなければ認められるべきでないだろう。

「軍」を持った上で、「国際紛争の解決の手段としての武力行使はしない」、そう宣言する以上当然「先制攻撃をしかけるなどということはしない」ということであれば、そうでない原則を持つ国と安全保障条約を結んで「同盟」を謳うなどということは論理的にあり得ないと思う-今日この頃だ。

|

« ノムヒョン大統領、靖国神社「遊就館」訪問へ? | トップページ | 海軍美化の元凶、阿川弘之の文化勲章は取り消すべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/9208337

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍基地「法外」移転費に日米安保の本質を考える:

» 米軍基地 [共通テーマ]
トラブルが絶えない沖縄米軍基地。先日住民投票で移転反対とされた岩国。米軍再編で千歳にも。そして南には台中有事懸念。米軍基地問題についてあなたのご意見を。 [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 21時35分

« ノムヒョン大統領、靖国神社「遊就館」訪問へ? | トップページ | 海軍美化の元凶、阿川弘之の文化勲章は取り消すべき »