« ホスピスのアート・バックウォールド | トップページ | 靖国神社「遊就館」-多数の遺影に想う »

2006年3月31日 (金)

前原民主党代表辞任を評価する

民主党の前原党首以下執行部が退陣するという報道を見た。当然のこととはいえ評価したい。

メール問題、その事後処理だけでなく、自民党に小泉亜流政権ができようとしている時に「アメリカ一辺倒の近隣諸国無視の外交安保政策」「改革というシンボルばかり振り回し、金持ち六本木ヒルズ族のみ優遇し、ニート・フリーターは切り捨てる」という路線に対して、NOという旗を立てなければならない時に、新自由主義の安保おたく・「中国脅威」論者が党首というのでは話しにならなかった。

直前の党首選に出馬し、二位だった人=菅直人氏=が次期党首を務めるべきは当然のことだ。岡田前党首も三役で復帰させるべきだ(小泉の不真面目政治の対極にある岡田氏は本当は党首候補最右翼だ)。

もし岡田氏をまだどうしてもペナルティーボックスに入れておかなければならないというのなら、副議長にまわして横路副議長を党務復帰させるべきである。この際、だれもまじめに考えていない「議院の権威」などといったタテマエはどうでもいい。

とにかく、しっかり反転のきっかけをつかんで欲しい。民主党のためだけではない。日本の未来のためだ。

|

« ホスピスのアート・バックウォールド | トップページ | 靖国神社「遊就館」-多数の遺影に想う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/9354947

この記事へのトラックバック一覧です: 前原民主党代表辞任を評価する:

» 民主党の行く末 その1 [政治ニュース@若者のおたけび]
鳩山氏「民主代表選を」 2006年 4月 1日 (土) 16:19 産経新聞社  執行部総退陣という混乱から一夜明けた一日、民主党内では前原誠司代表の後任選出に向けた動きが活発化してきた。鳩山由紀夫幹事長は同日午前、民放番組に出演し、「(後任選出は)選挙でやる。(一本化に向けて)動きすぎると何だという話になる」と述べ、水面下の調整による後継選出は避けるべきだとの考えを示した。党内には、小沢一郎前副代表での一本化を求める勢力もあるが、ベテランへの「逆世代交代」を警戒する勢力からは、中堅・若手から... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 19時47分

« ホスピスのアート・バックウォールド | トップページ | 靖国神社「遊就館」-多数の遺影に想う »