« 前原民主党代表辞任を評価する | トップページ | 「総理在任中は靖国参拝せず」明言が次期自民党総裁の必要条件 »

2006年4月 1日 (土)

靖国神社「遊就館」-多数の遺影に想う

高2の娘と少し前から靖国神社の「遊就館」に行ってみようと約束していたところ、桜も満開で好天の休日となったため家族で出かけてきた。

「遊就館」は思ったより大きな、きれいな施設で驚いた。広々したスペースに近代の戦争・歴史絵巻が展開され、先の戦争はやむを得ない自衛戦争だったという史観に基づく映像などが何カ所かで放映されている。

いちばん印象に残ったのは、展示の最後の方に遺書や遺品などとともに、たくさんの小さな遺影が氏名、階級、死亡場所などを明記して掲げられていたことだ。そこに東条英機首相も「法務死」として紛れ込ませてあるところはまことに姑息な感じがするものの、一人一人の遺影を見ていると、それぞれの多様で、しかし平凡でどこでも出会うような表情の後ろに、家族の様子、学校時代の様子や徴兵前の職場での様子などが思い浮かび、戦争の歴史がいかに多くの人々の人生を巻き込んだかを印象づける。

神社側の狙いは「靖国史観」の宣伝なのだろうが、森田自身は「こんなにもの犠牲。政府首脳の誤った判断と、大衆・マスメディアが作り出した愚かな、しかし逃れることの難しい『空気』によってこんなにも多くの人々を犬死にさせた愚行を決して繰り返してはいけない」という思いをますます強くした。

終戦を小さな子供として迎えたであろうご婦人達が、開戦前の日本が戦略物資の入手をどれくらいアメリカからの輸入に頼っていたかを示すグラフを前に「これで戦争を始めるなんてとんでもない」と語り合っていたのをはじめ、批判的な視点をもった来館者も見かけた。

娘は「ほかに近代日本の政治外交史、戦争の歴史を詳しく紹介した博物館などはないのだから、見る価値がある」と言っていた。そうかもしれないが、開戦を望んだアメリカに締め上げられて仕方なく自衛のために戦ったという史観に貫かれ、政府首脳の失策のなかで昭和天皇の意向を受けて終戦に尽力した鈴木貫太郎首相のポツダム宣言「黙殺」のみを特筆大書し、展示の最後でパール判事の東京裁判批判を大きく掲げて自らの主張を押しつけようとする展示には違和感を覚えざるを得ない。

阿南陸相の遺書を見た5~6歳に見える女の子が「どうして血がついているの?」と父親に聞いていた。陸軍の意向を代弁しつつもついに辞表を出さずに踏みとどまり、ポツダム宣言受諾に極めて大きな役割を果たした阿南氏の責任ある態度は、今日のわが国の繁栄の礎の一つであることは間違いない。少女がそのことを知るきっかけに触れることができることは、一面では良いことだと思う。

しかし、それがこのような偏った考え方の施設でしか行われないというのは困ったことだ。やはり靖国神社はビル・エモット氏の言うように国営化して展示施設などは政府の見解に沿ったより中立的なものにすべきかもしれない。そうでないなら、青少年や外国人に日本の近代政治外交史、戦争史を紹介する公営の展示施設・博物館などを別に設けることを考えるべきだと思う。

A級戦犯合祀や、このような偏った展示施設に皇族の写真などもたくさん掲示していることは、わが国の姿勢について諸外国に誤解を与え、青少年の歴史教育において問題がある。このような国益を損なう事業を「宗教法人」として課税面でも特別な優遇を受けて続けさせていいのだろうか。公益を損なう勝手なことをどうしても続けたいというのなら、宗教法人の認可は取り消して、一民間結社として固定資産税などちゃんと払わせるべきだと思う。

|

« 前原民主党代表辞任を評価する | トップページ | 「総理在任中は靖国参拝せず」明言が次期自民党総裁の必要条件 »

コメント

>娘は「ほかに近代日本の政治外交史、戦争の歴史を詳しく紹介した博物館などはないのだから、見る価値がある」と言っていた。

この表現は私の発言の意味とは異なりますね。
今の若者はアメリカと戦争をしたことは知っていても、東南アジアの人々を苦しめてきたことを知らない人が多くいます。その事実を知らないのに、夏にはバカンスにいったりしているのです。
そういったことをふまえて私は、あくまでも「歴史の流れ」「戦いの存在した事実」をみることだけを考えれば、この博物館はみる価値が多少「あるかもしれない」と言った次第です。
もちろん、展示の内容はかなり偏っていますから、それを鵜呑みにするようではいけないのですが…

投稿: 森田の娘 | 2006年4月 7日 (金) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/9383129

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社「遊就館」-多数の遺影に想う:

« 前原民主党代表辞任を評価する | トップページ | 「総理在任中は靖国参拝せず」明言が次期自民党総裁の必要条件 »