« 安倍晋三「美しい国へ」批判②~60年安保改訂騒動の焦点は条約案の中味ではなく強権政治手法 | トップページ | 安倍晋三「美しい国へ」批判③~「その時代に生きた国民の視点」で過去を正当化? »

2006年8月23日 (水)

発達障害対策予算増へ~正しい方向

厚生労働省が、発達障害児への支援の予算増へという内容の記事を見た。まだまだ不十分だが、正しい方向だ。人口の数パーセント占める発達障害児への支援を進めることは、親の負担をわずかでも軽減らすことで少子化対策につながる。周囲の状況が整わないが故に福祉の対象となったり、健常者の場合も同様だが、置かれた環境によっては犯罪予備軍になりかねないリスクを負った子どもたちが、立派な働き手(納税者)ともなって、社会を支える一員としてよい人生を送る可能性を広げる。施策の充実を望みたい。

|

« 安倍晋三「美しい国へ」批判②~60年安保改訂騒動の焦点は条約案の中味ではなく強権政治手法 | トップページ | 安倍晋三「美しい国へ」批判③~「その時代に生きた国民の視点」で過去を正当化? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/11572349

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害対策予算増へ~正しい方向:

« 安倍晋三「美しい国へ」批判②~60年安保改訂騒動の焦点は条約案の中味ではなく強権政治手法 | トップページ | 安倍晋三「美しい国へ」批判③~「その時代に生きた国民の視点」で過去を正当化? »