« 8月6日(日)19:10~再放送される「アジアから見た日本・明治編」(NHK・BS1)はお薦め番組 | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日 »

2006年8月 7日 (月)

イスラエル軍のレバノン侵攻-小泉内閣、外務省は何をやっているのか

イスラエルのレバノン侵攻、ヒズボラやハマスとの「戦争」によって多くの人命が損なわれ、中東ひいては世界の安全が脅かされているのに、小泉内閣も外務省もいったい何をやっているのだ。

小泉総理はイスラエル等の訪問の後、暢気にラクダに乗って記念写真をとって欧米、イスラム圏で笑いものになっていたというし、帰国しては外交などは放り出し、国内遊説で松下村塾などを訪ね、自らを偉人になぞらえてかキングメーカーを気取っているだけだ。世界のGDPの1割を占める国家の指導者として無責任きわまりない。

麻生外相も、総裁選向けPRでバクダットなどに出かけているのでなく、今回の状況打開の鍵になる「米ーイラン」対話、「米ーシリア」対話を斡旋すべくテヘランやダマスカスにこそ出向くべきではなかったか。

けが人も出ていない北朝鮮のミサイル発射には騒ぎまくり、死者が多数出続けている世界情勢の中心テーマには手をこまねいてアメリカの出方待ちでは、国連安保理の常任理事国を目指すなんてちゃんちゃらおかしい。

|

« 8月6日(日)19:10~再放送される「アジアから見た日本・明治編」(NHK・BS1)はお薦め番組 | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/11320528

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエル軍のレバノン侵攻-小泉内閣、外務省は何をやっているのか:

« 8月6日(日)19:10~再放送される「アジアから見た日本・明治編」(NHK・BS1)はお薦め番組 | トップページ | ALWAYS 三丁目の夕日 »