« 日本の「格差問題」を指摘したOECDの2006年版「対日審査報告」について~NHKラジオ「ビジネス展望」内橋克人氏の発言より | トップページ | お薦め映画「キリングフィールド」=NHK・BS2で9/5(火)20時~放送予定=に関する話題 »

2006年9月 2日 (土)

すでに「双務的」な日米安保を、もっとアメリカに貢献するようにしようという安部晋三候補

安倍晋三氏の自民党総裁選出馬表明は、憲法改正だの、どうも「教育」を右派イデオロギーに沿ったものに大きく変えようとしているらしいことなど問題だらけだが、特に気になることの一つは「日米安保をもっと双務的なものにしよう」と主張していることだ。

日米安保は「独立国である日本に、アメリカが常時基地をおいて、事実上自由に使える」、アメリカにとってこんなに都合のいい条約はない。岸内閣当時の安保改訂で「アメリカの日本防衛義務」を書いたと言うが、そもそも日本に全面的な軍事侵攻しようとする意図と能力をもつ国が現在は存在せず、近い将来においてそういう国が出てくる蓋然性もない以上、「日米安保」はアメリカにとっての利益のほうが圧倒的に大きな条約なのだ。

そもそも、安倍氏の祖父・岸信介首相が60年安保改訂の大騒ぎを起こしたのは、条約を双務的なものにするためだったと岸首相が語り、安倍氏本人も「美しい国へ」のなかでそのような趣旨を書いているではないか。

総理の靖国神社参拝は問題ないようなことを言っておきながら、アメリカ筋から「遊就館の展示に問題あり」との意向が漏らされると、その部分についてだけ展示変更を働きかけ、ただでさえアメリカに有利な日米安保について「もっと日本がアメリカに貢献するようにすべきだ」と公言する。

「保守」と自己規定しているようだが、まず、日本の「国益」を守るつもりなのか、「アメリカの犬」でありたいのかをはっきりしてほしい。

|

« 日本の「格差問題」を指摘したOECDの2006年版「対日審査報告」について~NHKラジオ「ビジネス展望」内橋克人氏の発言より | トップページ | お薦め映画「キリングフィールド」=NHK・BS2で9/5(火)20時~放送予定=に関する話題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/11729547

この記事へのトラックバック一覧です: すでに「双務的」な日米安保を、もっとアメリカに貢献するようにしようという安部晋三候補:

« 日本の「格差問題」を指摘したOECDの2006年版「対日審査報告」について~NHKラジオ「ビジネス展望」内橋克人氏の発言より | トップページ | お薦め映画「キリングフィールド」=NHK・BS2で9/5(火)20時~放送予定=に関する話題 »