« 天満敦子さん(Vn)コンサートin龍雲寺(世田谷区) | トップページ | 辻元清美代議士(社民)のブログ発言「パトリオット・ミサイル搬入できず!――沖縄の闘いが示すもの」に注目 »

2006年10月 9日 (月)

北朝鮮の核実験

2006年10月9日午前、北朝鮮が核実験を実施したと発表した。規模が小さいため、アメリカ政府も最終的な確認はしていないようだが、わが国としては「核兵器廃絶」「次善の策としての核不拡散条約体制の強化」「平壌宣言に基づく日朝国交正常化の追求」といった、国の基本路線と相容れないものだ。全体としては「北朝鮮を国際社会にどうやって軟着陸させるか」という発想を持ち続けていかなければならないが、「核実験」という現実にどう対処していくか。重い問いに長く取り組んでいかなければならない。

いまのところ、内外各方面の反応は予想の範囲に留まっているが、やがて「日米安保強化」「MD開発協力推進」「制裁措置の追加」といった、日米の軍産複合体にとって都合のいい方向にメディアも流されていく危険が大きい。むしろ「日本はそれでも核武装せず」という、日本人としてはあたりまえに考えていることでも、諸外国から疑念が持たれることについては改めて良いメッセージを積極的に出すことを考えていくべきだろう。

報道でひとつ珍しいと思うのは「明日にも国会決議」という話が出ている点だ。海部内閣当時の1990年夏、イラクがクウェートに侵攻したとき、当時の西岡自民党総務会長(現民主党参院議員)が臨時国会の召集を主張したのに、誰も相手にしなかった頃と比べると、国際安全保障に対する政党、国会の反応のスピードに大きな変化が感じられる。

国民の関心、世界の潮流に敏感なのはいいことだ。ただし「拙速」ということがないよう、例えば決議の文面に、これまで慎重に避けられていた表現がどさくさに紛れて挿入され、それが「国会決議」として前例になって国を誤るきっかけになるといったことは回避しなければならないと思う。

|

« 天満敦子さん(Vn)コンサートin龍雲寺(世田谷区) | トップページ | 辻元清美代議士(社民)のブログ発言「パトリオット・ミサイル搬入できず!――沖縄の闘いが示すもの」に注目 »

コメント

稚拙な質問でごめんなさい。
北朝鮮(の核実験)を「重大な脅威」とした談話がありましたが、この語彙選択はどう思われますか?

個人的には、意図的に国民をあおるような、大変不快な語彙選択だと思ったのですが。。

投稿: sa-lala | 2006年10月12日 (木) 11時27分

sa-lala様 10月12日付で頂いたコメントについて触れさせていただきました。

投稿: 森田敬一郎 | 2006年10月12日 (木) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/12218817

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の核実験:

« 天満敦子さん(Vn)コンサートin龍雲寺(世田谷区) | トップページ | 辻元清美代議士(社民)のブログ発言「パトリオット・ミサイル搬入できず!――沖縄の闘いが示すもの」に注目 »