« 「こちら」側も、早く論点を出すべき「次期戦闘機」の機種選定 | トップページ | 安倍氏はアメリカが嫌い?―アメリカ人が草稿書いたって、いい憲法ならいいじゃないか。 »

2007年4月24日 (火)

ハルバースタム氏を悼む

デイビッド・ハルバースタム氏がサンフランシスコで交通事故死と聞き、たいへん残念だ。まだ73歳であり、できればインタビューしたい人物だった。

ベトナム戦争報道で名を馳せたハルバースタム氏のジャーナリストとしての姿勢は、最近の日本の新聞やテレビの30歳代、40歳代の記者たちが、取材対象と良好な関係を維持し、同業他社とさえ横並びを保ってお互いが、無事デスク、部長、それから上にいくとか、無事定年まで勤めるなり、関係会社に天下りすることしか考えてないんじゃないかと見受けられる様子とは対照的なものだったと言えるだろう。

志のある記者は、ハルバースタムのごとく状況を巨視的に捉え、権力のウソを見破り、そのプレッシャーをはねのけるジャーナリストを目指してほしい。ハルバースタムだって、ベトナム戦争の当初は政府の発表を鵜呑みにしていたそうだから、自分の目でしっかりものを見、自分の頭でしっかりものを考えていれば、誰だって日本のハルバースタムになる可能性は開かれているはずだ。若いジャーナリスト、ジャーナリスト志望者の奮起を望みたい。

冥福を祈る意味で、久しぶりに『ベスト・アンド・ブライテスト』を本棚から引っ張り出してみたいと思う。

|

« 「こちら」側も、早く論点を出すべき「次期戦闘機」の機種選定 | トップページ | 安倍氏はアメリカが嫌い?―アメリカ人が草稿書いたって、いい憲法ならいいじゃないか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/14832301

この記事へのトラックバック一覧です: ハルバースタム氏を悼む:

« 「こちら」側も、早く論点を出すべき「次期戦闘機」の機種選定 | トップページ | 安倍氏はアメリカが嫌い?―アメリカ人が草稿書いたって、いい憲法ならいいじゃないか。 »