« 道徳、「教科」に格上げするなら | トップページ | 「こちら」側も、早く論点を出すべき「次期戦闘機」の機種選定 »

2007年4月 1日 (日)

「期日前投票」を初体験。浅野さんに投票してきました。

都知事選挙の投開票日は来週の日曜、4月8日ですが、その日森田は都合がつかず投票にでかけることが出来ないので、今日はじめて「期日前投票」のために区役所の旧出張所に出向きました。

世論調査に「すでに投票する候補を決めている」と答えている人の間では現職の石原慎太郎知事が浅野史郎候補をリードしていると聞いたので、このままでは世界の潮流変化に日本だけが逆行することになりかねない、一票も無駄には出来ないと、慣れないことですが出かけてみました。

投票できるのは、本番の「近所の小学校」ではありませんが、郵送されてきた投票券の封書に「期日前投票」ができる場所の一覧が地図付きで出ていて、駅前の区役所の出先など、自宅からも遠くないところがいくつか出ていて選べました。

ややこしい手続きは一切なく、いつもの選挙と違うのは小さな用紙を渡されて氏名・住所を書き、三択式で「レジャーなどで区内にいない」など、期日前投票する理由にマルをつけるだけ。簡単です。

狭いスペースに、立会人など5人の人がいて、親切に対応してくれました。(「ご苦労様でした」は目下の人に用いると習ったので、ちょっと違和感がありましたが)。

夜八時までやっているらしいので、右に傾きすぎた日本の政治の流れを変えたいという方で、投票日にご都合のつかない方がおいででしたら、ぜひお出かけ下さい。

|

« 道徳、「教科」に格上げするなら | トップページ | 「こちら」側も、早く論点を出すべき「次期戦闘機」の機種選定 »

コメント

期日前投票、ごくろうさまでした。
わたしは都民ではないので、都知事選への投票はできません。ただ石原都政への危機感はつねに感じているところです。
争点の一つはオリンピック招致問題のようですが、先日放送の「JNN報道特集」でその背景をとりあげておりました。1980年代からの臨海副都心開発のツケが相当あり、それを何とかしたいためのオリンピック構想だというのです。しかしオリンピック開催のためには、さらなる開発投資が必要で、オリンピック招致は相当な負担を要することを解説していました。
オリンピックという景気のよい話についひきつけられがちですが、その実情を冷静にみる眼が今必要だとおもいます。

冷静にみる眼は、過去8年の石原都政・石原的手法を評価するためにも必要です。本当にこのような都政、この知事でよかったのか。マスコミも追及・検証する本来の役割をはたさないままの8年でした。
だからこそ市民が賢明でなくてはならないと強く感じます。

投稿: 三文文士 | 2007年4月 5日 (木) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/14483781

この記事へのトラックバック一覧です: 「期日前投票」を初体験。浅野さんに投票してきました。:

« 道徳、「教科」に格上げするなら | トップページ | 「こちら」側も、早く論点を出すべき「次期戦闘機」の機種選定 »