« 改憲で日本が手に入れるのは「アメリカ以外の国と、アメリカの許可があれば、戦争をする権利」であり、それだけである(内田樹) | トップページ | 米民主党議会指導部、「イラク撤退期限」削除で賢明な収束=「首相公選論」の反面教師= »

2007年5月22日 (火)

今よりずっとましだった経団連会長・平岩外四氏の訃報

元経団連会長・平岩外四氏の訃報聞く。政治献金斡旋中止は、成立した細川内閣に擦り寄ったという見方もできるけれども、見識と理想を感じさせた。東京電力の問題もあってか最近声が聞けず残念だった。

やはり兵士として前線で辛酸をなめた経験、そして豊富な読書量に裏打ちされた発言には重みがあった。出身メーカーのキャノンは汚い偽装請負、自身はたまたまレーガン政権下のアメリカにいたから弱肉強食路線に感化されただけという今の人とはモノが違った。

(参考 こんな発言見つけました)

http://abe.jp-j.com/?eid=557743

|

« 改憲で日本が手に入れるのは「アメリカ以外の国と、アメリカの許可があれば、戦争をする権利」であり、それだけである(内田樹) | トップページ | 米民主党議会指導部、「イラク撤退期限」削除で賢明な収束=「首相公選論」の反面教師= »

コメント

戦中派の財界人が、本当にすくなくなりましたね。
財界人の多数が改憲にかたむいていく中、護憲をとなえて全国行脚する品川正治さん(経済同友会終身幹事)のことを最近しりました。戦争体験を背負った方の言葉には、本当に重みがあります。
イデオロギーにかかわらず、骨のある財界人たちの時代が過去のものになっていくことに、ある種の危惧をもっています。

投稿: Nora | 2007年5月23日 (水) 11時15分

品川さん、「クローズアップ現代」の憲法記念日の回でも紹介されていましたね。画面では「ご高齢」の印象がありましたが、実際お目にかかれば頭脳極めて明晰、若々しいご様子です。森田もご活躍にご期待申し上げております。

投稿: 森田敬一郎 | 2007年5月23日 (水) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/15164545

この記事へのトラックバック一覧です: 今よりずっとましだった経団連会長・平岩外四氏の訃報:

» 平岩外四さん亡くなる [原野辰三の時事コラム]
平岩外四(元東京電力社長 元経団連会長)さんが亡くなった。 それに関連した余禄の記事が気に入ったので転載させてもらう。 余録:タフでなければ生きていけない。優しくなければ… 「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きる資格がない」。座右の銘を... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 00時43分

« 改憲で日本が手に入れるのは「アメリカ以外の国と、アメリカの許可があれば、戦争をする権利」であり、それだけである(内田樹) | トップページ | 米民主党議会指導部、「イラク撤退期限」削除で賢明な収束=「首相公選論」の反面教師= »