« 「モンスター親」という議論について思うこと | トップページ | 小沢党首対小池防衛相論争-日米関係の長期的な安定に資するのは小沢氏の立場だ »

2007年7月30日 (月)

小田実氏逝去ーNHKに2000年放送の「正義の戦争はあるのか」再放送を望む

参院選、安倍自民党歴史的大敗が報じられた朝、小田実氏の訃報が伝わった。ご冥福を祈る。

最近、大学入試でAO入試の準備をしている高3の娘のために「平和」を考える参考になるVTRソフトの推薦を求められ、2000年の夏に放送されたNHKとテレビマンユニオンが作ったこの一本を一緒に見た。

冷戦後、9・11の前に何が論点だったかを思い出させる。大きなトピックはコソボ問題をめぐるユーゴ空爆だが、表題の通り「正義のための戦争はあるのか」がテーマだ。もちろん、ベトナム戦争に従軍した元米兵との対話が大きなキーになっている。

http://www.odamakoto.com/jp/Seirai/000725.shtml

時はめぐり、アメリカ国内でさえ、イラク戦争をベトナム戦争との対比で語る人が増えた。しかし、小田氏に先見の明があったというよりは、いつでも、だれでもが考えるべきことを小田氏はわれわれに語っている、語っていたと考えるべきだと思う。

NHKニュースの訃報に使われていたのは、小田氏があの年の8月14日、大空襲にさらされた大阪で語る、あの番組の中での映像だったと思う。多くの人に再度見てほしい番組だ。再放送を切に望む。

安倍氏は辞めないそうだ。自民党の死期を早めることになるだろう。結構なことだ。

|

« 「モンスター親」という議論について思うこと | トップページ | 小沢党首対小池防衛相論争-日米関係の長期的な安定に資するのは小沢氏の立場だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/15945830

この記事へのトラックバック一覧です: 小田実氏逝去ーNHKに2000年放送の「正義の戦争はあるのか」再放送を望む:

» 小田実氏の体当たり世界紀行 『何でも見てやろう』  [百聞一読 本のツボ]
作家の小田実(おだまこと)さんがお亡くなりになりました。享年75歳。 小田さんは [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 10時56分

« 「モンスター親」という議論について思うこと | トップページ | 小沢党首対小池防衛相論争-日米関係の長期的な安定に資するのは小沢氏の立場だ »