« 美しくない敗者-韓国ハンナラ党パックネ元候補との対比で | トップページ | ミャンマー反軍政デモと日本 »

2007年9月26日 (水)

福田内閣の組閣

2005年9月の小泉解散の選挙中、自民党大勝予測が強まる中、強い危機感を抱いて書き始めたこのブログ、早くから振り子の振れを予測し、また望んできたが、2007年の参院選の与野党逆転で一応の使命(?)を果たすことができた。

そういうわけで、つい最近までブログを閉じようと思っていたが、思うところあって、少し続けてみることにする。

連休明け、中秋の名月の9月25日は、午後に衆参本会議での首班指名、両院協議会などのプロセスあり、福田康夫氏が内閣総理大臣に。19時半前より町村新官房長官による名簿読み上げ。

安倍改造内閣の閣僚多くを引き継ぐ。《所信表明後、代表質問直前の安倍前首相退陣》を受けての組閣という面もあり、妥当な選択だと思う。党派的な批判を横に置くとすれば、実は安倍改造内閣の顔ぶれはトップを除けば自民党内閣としてかなりいい線をいっていた。その点、1940年の第二次近衛内閣を連想した(あの時は松岡外相が戦争の原因になったけれど)。

もちろん、いくらよい顔ぶれを揃えても、トップがトンチンカンでは話しにならない。しかし今度は、うちのカミさんが官房長官としての登場時に「森内閣の拾い物」と言った、良識と皮肉な味わいのある福田氏の下で、自民党政治はかなり正常化するだろう。参院が野党多数であるという現実をしっかり踏まえた政治運営をされるなら、次期総選挙で民主党主導の小沢政権ができるまでの間、国民としても漂流感を味わわなくて済むかも知れない。

官房長官が読み上げた人事で、ひとつだけ驚いたのは山谷えり子首相補佐官の留任だ。安倍流の、極右の変な「教育改革」にブレーキをかけてきた伊吹文科相が幹事長になってしまったので、リベラル色の新文科相起用と教育改革担当の補佐官ポスト廃止でバランスをとるかと思ったら、どうもそうではない。旧岸派、旧福田(父)派の国家主義のシッポが出たか、何か考えがあってのことか、ウォッチのポイントである。

|

« 美しくない敗者-韓国ハンナラ党パックネ元候補との対比で | トップページ | ミャンマー反軍政デモと日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/16578752

この記事へのトラックバック一覧です: 福田内閣の組閣:

« 美しくない敗者-韓国ハンナラ党パックネ元候補との対比で | トップページ | ミャンマー反軍政デモと日本 »