« 時津風部屋の集団暴行致死事件 | トップページ | 教科書検定による「沖縄戦自決強制否定」-野党多数の参議院は徹底検証と制度の再設計提案を »

2007年10月 1日 (月)

足利尊氏、義満、日野富子、そして小泉純一郎-流布イメージと実像

週末、テスト勉強で室町時代に取り組む娘がいることもあってNHK「その時歴史が動いた」の過去の放送録画から「足利尊氏」「足利義満」「日野富子」それぞれの回、3回分を見た。

江戸時代以来、先の終戦まで続いた、実証より「正統性」をめぐるイデオロギーにとらわれた史観の下で「立場をコロコロ変え、後醍醐天皇に弓引いた逆賊・尊氏」「対明勘合貿易の都合とはいえ、日本国王を名乗った逆臣・義満」、「高利貸しと結託し私腹を肥やし、実子を将軍継嗣にするために応仁の乱を起こした悪女・日野富子」と巷間言われ、学校の授業でもそれとそう違う話しを聞くことはなかった3人だが、短いテレビ番組が示す範囲でも、実像は大きく異なるようだ。

執権・北条氏の専横と腐敗を糾し、武士階級の利益を守るために後醍醐天皇の呼びかけに応じた尊氏は、建武政権がイデオロギー的な復古主義にばかり熱中し、武士階級の最大の関心事である領地問題の調整などで全く実務能力に欠ける現実に対し、再び立ち上がった。武士階級の現実の利益を守るという目的意識は一貫していた。「反逆」の原因は、結果を出せなかった建武政権の方にある。

今年放送された3代将軍・義満の話しは一段と興味深い。「贅沢」のイメージで見られる「金閣」は、実は幕府が明国との国交正常化を実現するためにしつらえた舞台であり、国交正常化は遣唐使廃止以来途絶えていた正式国交を回復し、貨幣の不足でデフレ状態だった国内経済を銅銭「永楽銭」の大量輸入で活性化するという明確な目的を持ったものだった。朝貢スタイルや、国王を名乗ることは国粋主義勢力の攻撃を受けるが、明国のスタイルにあわせて「実」をとるための方便に過ぎず、ここにあるのも国益と幕府の利益についての現実的な感覚だ。

よいイメージのなかった日野富子も、応仁の乱は夫である8代将軍足利義政がわがままで引退を急いで弟の義視を後継指名し、乱の中でその弟に裏切られるといった当事者能力の欠如にこそ原因があるので、実際は受け身の立場だったという。「高利貸しと結びついて私腹を肥やした」と言うのも、見方によっては「税源を、貨幣経済の発展で新たに勢力を大きくした金融業への課税に求めた」と言い換えることができ、実際に資金力は朝廷や幕府の修理事業に用いて幕府の求心力回復に成功し、貧民救済にも使って庶民対策もした。将軍家の財政再建を導き、それを政治的にも賢明に使ったと言えるのだ。

夫・義政の周辺に集まる文化人たちは、カネを無心してもなかなかくれない富子を「春の日」(=なかなか暮れない)と皮肉ったというが、大衆の困窮を無視し、文化と趣味の世界に生きる夫とその周辺と対照的に、富子は政治・経済の現実を見つめ、それに適切に対処する素晴らしい政治家だったのかもしれない。

江戸時代の田沼意次も、失脚後に宣伝上手の松平定信にいいように言われてしまったことが今日に至るまでのイメージの元になっているという。逆に、織田信長などは巷間言われるような優れた指導者ではないということを書いた本が週末の『朝日新聞』の書評欄に出ていた。

最近では、小泉純一郎という個性的な政治家が出て、竹中平蔵といった人とともに何だか善玉イメージで受け止められたままになっている。彼らに「抵抗勢力」のレッテルを貼られた人々にも逆の意味で同じようなことが言える。白か黒かという話しではないが、「巷間伝わるイメージ」とは別に、現実に残したことは何なのかということに力点を置いた実証が必要なのではないか。

|

« 時津風部屋の集団暴行致死事件 | トップページ | 教科書検定による「沖縄戦自決強制否定」-野党多数の参議院は徹底検証と制度の再設計提案を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/16627806

この記事へのトラックバック一覧です: 足利尊氏、義満、日野富子、そして小泉純一郎-流布イメージと実像:

« 時津風部屋の集団暴行致死事件 | トップページ | 教科書検定による「沖縄戦自決強制否定」-野党多数の参議院は徹底検証と制度の再設計提案を »