« NHK「映像の世紀」録画再見始める | トップページ | シビリアンコントロールの問題として満州事変と本質的に同根=海上自衛隊の給油記録「誤報告」と政治的な隠蔽= »

2007年10月22日 (月)

中国の指導部人事の?

中国共産党の5年に一度の党大会が終わり、胡錦涛指導部の二期目の顔ぶれが決まった。ほぼ予想通りということなのだろうが、若干の?が残った。

上海の汚職摘発、成長一辺倒の修正、黄菊氏の死去といった様々な背景から、5年前の胡錦涛体制発足時の人事が、退く江沢民氏と上海閥のやりたい放題だったことに修正が加えられるのだろうとは多くの人が思っていたが、上海の汚職摘発の時期などに江沢民派から胡錦涛派に鞍替えしたのではと言われた曽慶紅氏が引退し、同じ江沢民派でも引退が早くから取りざたされた賈慶林・全国政治協商会議主席、直前に香港情報で引退と報じられた呉邦国・全国人民代表大会(全人代)常務委員長という、あまり内容のない二人の江沢民派大幹部が残されたことに若干の違和感というか、失望が残った。

江沢民派の地位が高い凡庸な人物を残し、有能な故に危険な曽氏を切ったのか、それとも江沢民派が根強いのか。「次世代」に注目することが必要なのだろうが、気になったのはむしろ上記の点だ。ひな壇の江沢民氏は不機嫌のようだったが、あれはポーカーフェイスなのか。

賈慶林氏は先の来日時に「引退」と外務省筋は囁きあっていたが、中国のマスコミ関係者は「人事は指導者の腹一つ。本当のことは発表されるまでわからない」と言っていた。その通りなのだろう。

|

« NHK「映像の世紀」録画再見始める | トップページ | シビリアンコントロールの問題として満州事変と本質的に同根=海上自衛隊の給油記録「誤報告」と政治的な隠蔽= »

コメント

まったく同感で、残念な思いです。

投稿: きょうも歩く | 2007年10月22日 (月) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/16840094

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の指導部人事の?:

« NHK「映像の世紀」録画再見始める | トップページ | シビリアンコントロールの問題として満州事変と本質的に同根=海上自衛隊の給油記録「誤報告」と政治的な隠蔽= »