« ベジャール氏逝去 | トップページ | 消費税を「社会保障税に」=朝三暮四効果で金持ち優遇税制を目論む自民党税調会長発言= »

2007年11月30日 (金)

「防衛省改革会議」報道の不思議

誰がどういう基準で人選しているのかが出ていない。福田総理が官邸に設けるという「防衛省改革会議」のこれまでの報道だ。

政府与党中枢、つまり結局は役人と自民党のボスたちが都合のいい顔ぶれを人選し、都合良く運営しようということは初めからわかっているわけだが、だからといって新聞やテレビ報道がブリーフィングを受けたままを回覧板のように配信し、放送していていいわけがない。

もっと国民に「よく見えるように」。報道はその使命に応えてほしい。

なお、国会。特に野党が多数を占める参院は、官邸お手盛りの「防衛省改革会議」に遠慮する必要などさらさらない。さっさと特別調査会を設けて、国政調査権を充分に発動し、参考人質疑、証人喚問も含め気張ってほしい。

なお、内閣の「防衛省改革会議」は「機密保持の徹底」を3本柱の一つとするという。「焼け太り」は奴らのお家芸である。なにせ、普通選挙法に治安維持法を抱き合わせた連中の直系の「子孫」たちのやることだ。監視の目を緩めてはならない。

|

« ベジャール氏逝去 | トップページ | 消費税を「社会保障税に」=朝三暮四効果で金持ち優遇税制を目論む自民党税調会長発言= »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/17232008

この記事へのトラックバック一覧です: 「防衛省改革会議」報道の不思議:

« ベジャール氏逝去 | トップページ | 消費税を「社会保障税に」=朝三暮四効果で金持ち優遇税制を目論む自民党税調会長発言= »