« 「一人あたりGDP、世界18位」は政策の基本軌道が誤りだったことの証左 | トップページ | カムバック果たしたヒラリー候補 »

2008年1月 8日 (火)

行方不明となっていた岩田和輝君は、1月8日に無事発見保護

資料を片付けながら「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」という映画の放送録画を見る。ナチスの追及と死の恐怖にたじろがず、聡明な理性と優しい心に生き、状況に立ち向かい処刑された女子学生に、心から敬意を抱いた。

それに比べ、自分はなんと呑気な暮らしぶりと反省していたところに、横浜で行方不明になっていた、発達障害の少年が無事保護されたという嬉しいニュースがあった。

人ごととは思えず、でも何もできない自分にいらだちを感じてもいたが、他方、発達障害に関わる方々がメーリングリストなどで呼びかけ合う様子、あるいは朝のテレビのワイドショーで「発達障害」について情報をかみ砕いて説明しながら、視聴者に心から協力を呼びかけているように感じられたレポーターの様子などに、心ある人々が、ゆるやかにでも力を合わせようという空気が感じられ、「まだ日本も捨てたものではない」などと思った。

よい一年のスタートが切れたような気がする。

|

« 「一人あたりGDP、世界18位」は政策の基本軌道が誤りだったことの証左 | トップページ | カムバック果たしたヒラリー候補 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/17622732

この記事へのトラックバック一覧です: 行方不明となっていた岩田和輝君は、1月8日に無事発見保護:

« 「一人あたりGDP、世界18位」は政策の基本軌道が誤りだったことの証左 | トップページ | カムバック果たしたヒラリー候補 »