« 民主党(小沢一郎党首)よ、政局に賢明に対処せよ | トップページ | NHKに映画「靖国 YASUKUNI」の放映を望む »

2008年3月31日 (月)

キャンディーズのイメージとは?

敬愛する石黒謙吾氏より、以下のメールが送られてきた。森田は残念ながらキャンディーズの追っかけだったわけではないけれども、「8時ダヨ全員集合!」は毎週見ていたし、中学の学園祭では同級生がステージで「年下の男の子」を歌っていた。高校の卒業アルバムには「さよならコンサート」の写真が載っている。

イベントの発起人名簿を見ると、いろいろな職業の、同年配の人々が名前を連ねている。入場料1万円ちょっとは結構な見物料だけれど、石黒氏が、また同時代の人々が、何を感じて生きているのか、知る手がかりとしてちょっと覗いてみようかなという気がしてきている。「夢」にカンパという感じかな。

【以下、石黒氏のメールのコピーです】

こんにちは。石黒謙吾です。
3/8にメルマガ送ったばかりでまたまたですが、
どうしてもどうしてもご協力をお願いできればという件があり
送らせていただきました。
煩わしいとは思いますがどうか最後まで読んでいただければ幸いです。
ホントにスミマセン!!

                        2008/3/31
またまたキャンディーズの件です。スミマセン!!
先日も書いた、4/4(金)、
全国キャンディーズ連盟2008大同窓会 
「CANDIES CHARITY CARNIVAL」が4日後に迫ってきました。
http://www.zencanren2008.com/?cat=3
http://www.zencanren2008.com/?page_id=16
http://www.zencanren2008.com/blog/
テレビやら新聞やらでかなり出てるようで観られた方も多いようですね。
僕もTBS「イブニング5」で応援コール叫んだりしました(笑)。
で、この奇跡のイベント、ぜひキャンディーズファンだった人以外でも
ひとりでも多くの方に観てもらいたいのです!

「アーティストが引退して30年後に、
思いを持ち続けていたファンが結束し、
担当していたマネージャーが仕事の最後の花道として演出を手がけ、
本人たちが登場もしないのに、フィルムに向かってファンが絶叫するという
日本の芸能界の歴史に必ず残る奇跡のイベント」
の生き証人にぜひみなさまもなってください!
今後もこんなできごとありえないと思うのです。
モー娘。のファンや浜崎のファンが
30年後に集まっている姿が想像できない。。。
キャンはオーバーではなくイメージありました。
少なくとも僕は。
「キャンディーズという社会現象」がなんであったか、
その見返りを求めないアツさにぜひ触れにきてください!

また友人、知人にお知らせいただきたいのです。
このメールは転送していただいても全然オッケーです。

キャンディーズのマネジャーで、サザンから福山雅治まで
育て上げたあのアミューズ会長、大里洋吉さんが演出を手がけると
いうこと自体が業界騒然、でもあるのです。
週刊文春ほかインタビューで読まれた方もいらっしゃいますよね。
大里会長が、会長を勇退するにあたり
エンタテインメント人としての自分の原点はキャンディーズだったと、
ひとことでは伝えきれないほど尽力していただいています。

そしてこれはチャリティで、アミューズのビジネスでもないのに
大里さんはじめ、アミューズの方々、
サザンの音楽を手がける日本でも有数の制作スタッフが
毎晩徹夜で30年前の音源や映像に立ち向かい
画像をデジタルにして画面のギザギザを一コマづつ修正するとか、
当日のフィルム&音の制作に打ち込んでいるのです。

僕からご招待します……といいたいのですが
それではチャリティの主旨からはずれてしまいますので
本当に申し訳ありませんが、
10500円でチケットを購入していただきたいのです。
図々しくもスミマセン!!
マスコミ関係の方々は、領収書もらってください(笑)。
版元ならば僕の原稿料から天引きしてください。
また個人的に買っていただいた方には、
僕に支払い能力ができれば出世払い!?でお返しもしますので
遠慮なくおっしゃってください。

僕はもちろん関係者はみんな、そしてなんと
大里さんまで買ってるんです!!(驚)
黒字が出たら、財団法人日本対がん協会に寄付されます。
これは、昨年秋に全キャン連のTさんという方がガンで亡くなって、
「俺の出棺にはキャンディーズの曲を流してほしい……」
ということばどおり葬儀でキャンディーズの曲がかけられたことが
今回のイバンとへの大きなきっかけとなっていることからなのです。
寄付先が事務上も正式決定したのは3/20、
なんとオソロシイ偶然ですが
僕の父が、その少し前の3/10に肺ガン第4ステージの宣告されました。
なにかと大きな節目なんですね、たぶん。
産みの母親も昨年5月に膀胱ガンで亡くしておりますが、
そろそろ全キャン連のメンバー自身も(僕も)、
ガンは人事ではありませんね(笑)。

おととい、イベントの前夜祭が行われ
発起人など50人が参加しました。
30年の時を超え、初対面のおっさんおばさん同士が
応援コールやらどこどこのコンサートがなどと
すぐに熱く語り、みんなで映像観て応援コールの練習したり
すごい盛り上がりで(ブログに詳しく書いてますのでぜひ)
http://www.zencanren2008.com/blog/
何か手伝いたいといろいろと役割分担を決めたり。。。
当事者でも驚きでした。
そんな不思議な時間をこの方々と共有できること、
そして昔は雲の上中の上の存在だった大里さんと
普通に話ができることなど思い、
夜中じゅう解散コンサートの映像観ながら
こんな幸せな時間を送れることに感謝して、
また、30年間思い続け聴き続けてきて本当によかったと、
ひとり声をあげて泣いてしまいました。

思えば中学の時に好きになり、高校1~2年生の2年間、
土方、魚屋配達、煙突掃除とかバイトして
シングルに6人泊まったりしながら
全国で100ステージ近く観てキャンに賭けていました。
そして今、ファイナルから30年経っても同じ気持ちを持つ仲間達との
連帯感は、僕の大きな財産です。

ぜひ、そんなオヤジたちの気持ちに応えていただければ。
何卒よろしくお願いいたします。

|

« 民主党(小沢一郎党首)よ、政局に賢明に対処せよ | トップページ | NHKに映画「靖国 YASUKUNI」の放映を望む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/40705073

この記事へのトラックバック一覧です: キャンディーズのイメージとは?:

« 民主党(小沢一郎党首)よ、政局に賢明に対処せよ | トップページ | NHKに映画「靖国 YASUKUNI」の放映を望む »