« (メモ)最近の政治経済情勢に関わって | トップページ | 「自衛隊機中国派遣見送り」の報に »

2008年5月28日 (水)

中国の「自衛隊機派遣」要請に驚く

第一報を聞いて驚いた段階での感想だが、まず結論から言えば、飛べる輸送機とヘリコプターを全部提供してでも要請に応じるべきだと思う。

驚いたのは、阪神大震災の時のわが国と同様に、外国の援助受け入れには全く不慣れであるように見受けられ、また日本の「軍」だの日の丸には強いアレルギーがあるに違いないと思いこんでいた中国から、日本の「軍」用機の派遣要請があったことだ。

背景には、おそらく中曽根元首相のような人々から中国政府に売り込みがあったのではないかと想像する。そう言えば、空自のOBでイギリスの危機管理会社の顧問として中国に駐在している人がいるという話を聞いたこともあるので、そういった「民間」レベルの中国政府への助言もあり得ると思う。

森田は基本的に、社会の中でミリタリーの占める位置が大きくなることに賛成ではない。しかし、ここは「自衛隊のセールスマンたちに乗せられているかな」という懐疑を持ちつつも、彼らが日頃語っている「自己完結で外に出て役立てる組織は、日本では自衛隊だけ」という点に当たっている面もあると思う。実際に役に立てる可能性は大きいのではないか。

法的には「国際緊急援助隊法」といったことになるのか?とにかく名古屋高裁で違憲判決が出たような、アメリカの戦争を手伝うための海外派遣ではなく、まさしく要請を受けての災害救援派遣だ。

政府間の調整などに、なかなか大変なことはあるのかもしれないが、ニーズに最大限応える派遣が、迅速に行われることを期待したい。この問題では、ひょっとすると森田と安倍晋三氏あたりは同じ意見ということになるのだろうか。それとも、中国に軍事機密が漏れるから慎重にと言うのだろうか。

|

« (メモ)最近の政治経済情勢に関わって | トップページ | 「自衛隊機中国派遣見送り」の報に »

コメント

発災直後で空港機能が完全でない時ならともかく空港機能が正常な現時点では中共解放軍機でも民間航空機でも輸送は可能。
航続距離の短い自衛隊輸送機は中国国内で給油が必要であり、整備部隊を伴わない物資輸送だけでもあり、「自己完結」は理由にはなりません。
今回の自衛隊機派遣は全くの政治目的。

投稿: ゴンベイ@オルタナティブ道具箱 | 2008年5月29日 (木) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/41352171

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の「自衛隊機派遣」要請に驚く:

» ウヨサヨ関係無しに、教条主義者は好かん [vanacoralの日記]
■中国が自衛隊受け入れを表明 日本側は慎重に検討 四川大地震(産経iza!)  中国・四川大地震で中国政府が27日、日本政府に対し追加支援を要請し、その際に「自衛隊であっても構わない」として、自衛隊の受け入れを表明してきたことが28日分かった。複数の政府関係... [続きを読む]

受信: 2008年5月28日 (水) 22時28分

« (メモ)最近の政治経済情勢に関わって | トップページ | 「自衛隊機中国派遣見送り」の報に »