« 「砥いで出てくるのは、塗り重ねたもんだけ」-NHK朝ドラ『ちりとてちん』より | トップページ | ダーウィン展(国立科学博物館) »

2008年5月 3日 (土)

憲法記念日に思う=転換必要、改憲不要=

朝日新聞の世論調査では「9条改正 反対66%、賛成23%、差が拡大」という見出しを見て、結構なことだと思う。志ある人々の踏ん張りがあったし、安倍前首相が在任中の昨年3月に「従軍慰安婦に強制の証拠なし」と国会で答弁したことで、米民主党主導のアメリカ議会どころかブッシュ政権の逆鱗に触れて失速した敵失あたりが一つの転換点だった。参院選の結果も大きい。

それでも憲法改正が「必要」とする人が56%なのに対し、「必要ない」が31%にとどまるのは、森田としては大いに疑問あり。

日本は今、路線の転換を必要としている。ブッシュ・チェイニー路線にひたすら追随して戦争を手伝おうという外交安保路線の「転換」、「構造改革」を謳い文句に労働者の賃金を引き下げ、アメリカ頼み、中国頼みの見かけ上の好況にあぐらをかいて福祉・環境重視の内需振興への転換を怠って時間を空費してきた経済政策の「転換」が必要なのだ。

日本国憲法は、国民主権、議会制民主主義、自由から生存権までの基本的人権の尊重、平和主義と、近代国家の基本法として申し分ないものだ。森田としても「行政文書の全デジタル化と完全公開」とか、「平時における外国軍隊の常時駐留禁止」などの改正を行うというのなら、結構なことだと思うが、いま必要な「転換」のためには改憲など全く不要であり、むしろ「日本国憲法の趣旨をより徹底させる」ことが必要なのだというのが現在の情勢認識であり、憲法改正などやっている暇はないと思っている。

|

« 「砥いで出てくるのは、塗り重ねたもんだけ」-NHK朝ドラ『ちりとてちん』より | トップページ | ダーウィン展(国立科学博物館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/41080524

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法記念日に思う=転換必要、改憲不要=:

« 「砥いで出てくるのは、塗り重ねたもんだけ」-NHK朝ドラ『ちりとてちん』より | トップページ | ダーウィン展(国立科学博物館) »