« 内田樹氏の「頭を冷やせ」になるほど。 | トップページ | ハマスとも、イランとも対話を »

2008年5月18日 (日)

堤未果『ルポ貧困大国アメリカ』(岩波新書) =”読むべき”ベストセラー=

手に入りやすいコンパクトな本でありながら、アメリカ社会の知られるべき一面を良く整理して教えてくれる良書。すでにベストセラーになっているが、いろいろな国の事情に少しでも通じておきたい人にとって、アメリカについては真っ先に読むべき本だと思う。

アメリカは徴兵制ではないのに、イラク戦争などを戦う兵員の確保が可能なのはどうしてか。それは、所得格差が大きく、軍隊の給料でもそれまでの年収の2倍になるという若者がたくさんいて、軍に入れば大学進学が可能になるという話が流布されているからだ。

堤未果さんの「ルポ貧困大国アメリカ」は、そうしたことも含め、アメリカ、の経済社会の実際の姿をケースを通じ身近なものとして理解させてくれる。森田もこれまでは「軍に入れば大学に行ける」という話を鵜呑みにしていたが、それすら詐欺まがいの話であることをこの本を読んで知った。

「借金が返せるいい仕事がある」と民間軍事会社によってイラクに送り込まれた中年アメリカ人男性が、劣化ウラン弾か何かの放射線障害らしきものに苦しみ、酷い目にだけあって帰国後も苦しんでいる話など、本当に酷い話だと思う。同じような立場で現地で戦闘により死亡した人々も多いのに、これは戦死にカウントされない。こういったことについても、アメリカの本当の姿として知られるべきだ。

格差と食生活の連関など、ABCの『ナイトライン』などを見ているような人には常識となっている話題が多いと言えるかも知れないが、とにかく高校生や大学生にはぜひ読んでみてほしい本だ。自民党の小泉・竹中「構造改革路線」はアメリカ礼賛路線と言えるが、こうした路線で企業「競争力」だけを追求する路線が何をもたらすか想像してみるべきと思う。

ベストセラーに読むべき本は実に少ない。最近の『女性の品格』といった頂き物大好きの元官僚が書いた一種の「盗作本」のことなどが話題に上ると、高校生の頃読んだバートランド・ラッセルの『幸福論』に今のベストセラーに後年読み継がれる本は全くないので、そんな本は読まずに古典を読むべきだという話が書いてあったことを思い出す。しかし、この『ルポ貧困大国アメリカ』は全く例外だ。大きな本屋のベストセラーコーナーに下らない本と一緒に並んでいてもどうか敬遠されずにお読み下さい。

|

« 内田樹氏の「頭を冷やせ」になるほど。 | トップページ | ハマスとも、イランとも対話を »

コメント

「軍に入れば大学進学が可能になるという話が流布されているからだ。」
噂ではなく、本当です。正式に入隊し、5年以上奉仕する軍人には学費や失業保険など支払われる制度があります。これは、1944年にフランクリン ルーズベルトがG.I Bill of Rightsとして制定したものです。このG.I ビル法の下に支払われる金額は個々の入隊期間により異なりますが、政府が一人の軍人に支払う額は、死亡した軍人への遺族年金などを合わせると、相当な金額にのぼります。2009年から更に住宅費や教科書などの経費を援助するため、9.11G.Iビル法として拡大し、軍人は経済面で保護されています。

投稿: Saeko | 2010年3月15日 (月) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/41247787

この記事へのトラックバック一覧です: 堤未果『ルポ貧困大国アメリカ』(岩波新書) =”読むべき”ベストセラー=:

« 内田樹氏の「頭を冷やせ」になるほど。 | トップページ | ハマスとも、イランとも対話を »