« インドなどNPT未加盟国に対する核技術協力、核物質輸出を禁止する立法を | トップページ | 海自特殊部隊「訓練」暴行死-自民党議員ヤジ「小さなこと質問するな」 »

2008年10月14日 (火)

クルーグマン氏のノーベル経済学賞受賞を喜ぶ

クルーグマン氏は「経済政策がやるべきことは二つだけある。一つは失業を減らすことであり、もう一つは富の再配分である」という論者だ。

世界金融情勢の現実と、これからやってくる大不況により、レーガン政権以来30年猛威を振るったインチキ錬金術経済学=日本では竹中平蔵氏が代表的論者=にいよいよ終止符を打つべき場面でのノーベル経済学賞はまことに時宜にかなっている。最近、もっとも嬉しかったことの一つだ。

新聞コラム執筆、ABCの日曜番組「ジスウィーク」のラウンドテーブル常連と、一般向けにも活発な発言を続け、「だから有力と言われているノーベル賞がとれない」などと言われたクルーグマン氏はもともとオバマ次期政権の経済諮問委員長の有力候補だっただろうが、政策転換を印象づける点からも就任が有力になったのではないか。

世界経済は当面最悪の状況に進むだろう。わが国の経済政策もある意味「何でもあり」ということになるだろう。そのような中で、同じ過ちの芽を摘み、良い方向への軌道修正を行うことで災い転じて福となすためには、われわれもクルーグマン氏のような本質を突いた発言に注目していきたい。

|

« インドなどNPT未加盟国に対する核技術協力、核物質輸出を禁止する立法を | トップページ | 海自特殊部隊「訓練」暴行死-自民党議員ヤジ「小さなこと質問するな」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/42784509

この記事へのトラックバック一覧です: クルーグマン氏のノーベル経済学賞受賞を喜ぶ:

« インドなどNPT未加盟国に対する核技術協力、核物質輸出を禁止する立法を | トップページ | 海自特殊部隊「訓練」暴行死-自民党議員ヤジ「小さなこと質問するな」 »