« 学校で労働基準法など生きるための基礎知識を-NHK早川解説委員の意見に賛成 | トップページ | 冷え込み、ウクライナ経由欧州向けロシアのガスパイプライン »

2009年1月13日 (火)

大富豪、ウォーレン・バフェット氏、学生に大いに語る(2006年制作のテレビ番組)

連休明けもたいへんよい天気で富士山がよく見える。てっぺんの方に少し雲がかかっているようで、すこし近い地方では天気が悪くなると言うのではないかしら。

昨日見た米ABCの「ジスウィーク」に大統領就任を控えたオバマ氏がステファノプロス記者のインタビューに答えていて、「犬はいつ来るの?」という娘たちが調整室でスタッフに頼んだ質問にも応じていた。

「買ってくる」のではなく、「施設から引き取」という方針はとてもいいと思う。ただ犬種選びなどが「商務長官の人選より難しい」という自虐ネタにはちょっと驚いたけれども。

ラウンドテーブルで(あるいは他の番組だったか?)誰かが「オバマ氏の経済政策はだいじょうぶだろう。エコノミストや投資家や‥多数の助言者がついている」というのを耳にした息子が「投資家はまずいんじゃないか?」というので、発言者はウォーレン・バフェット氏のことを念頭に置いているものと思い、バフェット氏がビル・ゲイツ氏と二人でバフェット氏の母校ネブラスカ大学を訪ねて学生たちの質問に答えた2006年制作の米テレビ番組のビデオ(NHK-BS1「世界のドキュメンタリー」枠での放送を録画)を見せる。

森田もこの番組を見るまでパフェットなる人物のことを全く知らなかったが、たいへん愉快な、かなうことなら友だちになりたいような人だ。

大金持ちのバフェット氏は、それほど収入の多くなかった時期に3万ドルほどで買った家に今でも住み続けており、子どもたちは父親が有名になるのが遅かったので何の仕事をしているか知らずに育ったそうだ。ゲイツ氏が訪ねた時にはダイニングの椅子のシートが外れていて、バフェット氏はそれに気づいていなかったという‥

それで財産の99パーセントは慈善事業に寄付することになっており、子どもたちはそこそこの金持ちになる程度だと話していた。

学生へのアドバイスの一つは「人前でリラックスして話ができるようになることは役に立つ」ということであり、投資などの意思決定の原則にしていることの一つは「新聞の法則」というものだそうで、それはつまり自分たちの振るまいが翌日そのまま全て新聞に出たと仮定して、人々や家族にいやな感じを与えないかどうかよく考えるという原則だそうだ。

その一方で自分自身の「採点の基準」は、常に自分の中に持っておくことが大切で、人がなんと言うか、どう採点するかなんてことに振り回されていては自分の人生が実現できないという。あたりまえといえばあたりまえの話だが。

しかし、あたりまえのことがあたりまえでないのが現代のわれわれの問題であるので、バフェット氏には強い好感を抱いた。

番組中の白眉はある学生が「東欧などで成功している税率のフラット化をどう思うか」という質問に対し、明確に「反対だ」として、自分の若い頃の税負担、あるいは自分のために働いている秘書などの税負担と比べても、今の自分の税負担は軽すぎると話す。「私たちが言うと皮肉に聞こえるかも知れないが、税制は今すでにフラットすぎるのであり、累進課税を強化すべきだ」と述べ、ゲイツ氏も賛成していた。

さらにバフェット氏は「私などは、仮に所有株を担保に借金してそれを生活費に充てれば、税金を全然払わなくて済ますこともできる」と税制のカネ持ち優遇を批判する。つまり、おカネ儲けは大好きだけれども、社会的公正の実現ということにも同じぐらい情熱的なのだ。こういうアメリカ人は実に魅力がある。

この辺が、地方税課税の基準日に住所を外国に移して課税逃れをするような日本のエセ自由経済主義者と全く異なるところだ。わが息子も、アメリカ人にも「投資家」にも、いい人もいれば悪い人もいる。それはわが国を含めどの国のどのような職業の人についても同様だということについての理解を少し深めてくれたようだ。

|

« 学校で労働基準法など生きるための基礎知識を-NHK早川解説委員の意見に賛成 | トップページ | 冷え込み、ウクライナ経由欧州向けロシアのガスパイプライン »

コメント

初めてこのサイトを訪れさせていただきました。

パフェット氏の大変興味深く意味深い記事、ありがとうございました。

投稿: ホタル | 2009年1月13日 (火) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/43726661

この記事へのトラックバック一覧です: 大富豪、ウォーレン・バフェット氏、学生に大いに語る(2006年制作のテレビ番組):

« 学校で労働基準法など生きるための基礎知識を-NHK早川解説委員の意見に賛成 | トップページ | 冷え込み、ウクライナ経由欧州向けロシアのガスパイプライン »