« 「ソマリア海賊」に便乗して武器使用制限をゆるめるべきではない | トップページ | ラウル・カストロ議長のモスクワ訪問-日本政府の中南米戦略は? »

2009年1月30日 (金)

小沢代表、衆院代表質問に立たず

昨日の衆院代表質問、トップバッターは民主党の鳩山由起夫幹事長で、小沢一郎代表は質問に立たなかった。朝日、毎日の社説も批判したが、やはりここ一番では党首が立たなければと思う。

おそらく小沢政権ができるのだろうが、あいかわらず国民からは見えにくいところで一部の側近議員が幅を効かせるようなやり方を続けるつもりなのだろうかという疑念を持たせる。

民主党の二番手に、田中真紀子氏を起用したのも失敗だった。国民は、民主党の責任感のあるまともな論戦を望んでいるのであり、口汚い罵りを国政壇上で聞きたいと思っているわけではない。

そもそも、田中真紀子氏は「小泉内閣成立の立役者」であり、日本政治の今日の状況を招いた戦犯である。党首が代表質問に立たず、メディア受けだけを考えて党外のこうした人物を起用している民主党には「不真面目」という印象が免れない。

|

« 「ソマリア海賊」に便乗して武器使用制限をゆるめるべきではない | トップページ | ラウル・カストロ議長のモスクワ訪問-日本政府の中南米戦略は? »

コメント

ホント、品がわるかったですね。
これで、民主党政権になったら、また、田中真紀子が出てくるのかと思うとうんざりです。
というか、なんで小沢が代表質問に立たないんだろう?

投稿: 八歩 | 2009年1月30日 (金) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/43901344

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢代表、衆院代表質問に立たず:

« 「ソマリア海賊」に便乗して武器使用制限をゆるめるべきではない | トップページ | ラウル・カストロ議長のモスクワ訪問-日本政府の中南米戦略は? »