« リチャードソン氏、商務長官辞退 | トップページ | とくらさんのトラックバツク »

2009年1月 6日 (火)

内橋克人さんの「ビジネス展望」復帰を喜ぶ

今朝、NHKラジオ第一のビジネス展望(6:43頃~)で、久しぶりに内橋克人(うちはし・かつと)さんの声を聞きうれしかった。実は元旦の昼頃に新聞のラジオ覧にお名前を発見し、喜ぶと同時に聞き損なったのをがっかりしたが、けさようやく再会かなった。

小泉「改革」ブーム下にあっても、冷静かつ実証的な分析で日本経済のあり方を論じておられた内橋さんが、体調を理由に一時降板されたときには、いままさに内橋さんの出番であるのにと残念に思い、ご心配申し上げていたけれども本当に良かった。

この番組、水谷研二氏や田中直毅氏のような聞かない方がいい人が出ている日もあるけれども、金子勝氏や寺島実郎氏、藤原直哉氏などのタイムリーな分析が聞けるので朝型の人にはお薦めです。

(ちなみに、内橋さんの元旦に放送された復帰第一弾、「もう政治的レトリックに騙されてはいけない」と2009年の日本と世界の現状と課題を抉ったロングバージョンは、11日までこのNHKのページから聞くことができます)

|

« リチャードソン氏、商務長官辞退 | トップページ | とくらさんのトラックバツク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/43655111

この記事へのトラックバック一覧です: 内橋克人さんの「ビジネス展望」復帰を喜ぶ:

» あけましておめでとうございます。 [とくらBlog]
 あけましておめでとうございます。    イスラエル軍のガザ地区空爆や、職や住居を失ったまま年越しされる方々のニュースで、重苦しい空気に包まれながら明けた2009年ですが、それでも、日本中がどっと“自己責任”という言葉に流れていった頃や、マスコミ主導で、世論を一気に郵政民営化賛成へ引っ張っていった9.11選挙前の 「胸が詰まり息が止まる思いがする。」頃に比べれば、ある意味、心が軽く、新しい年の幕開けに期待する気分が止められません。  目の前の現実は大変厳しく、仕事を失った方や、毎日の資金繰... [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火) 19時24分

« リチャードソン氏、商務長官辞退 | トップページ | とくらさんのトラックバツク »