« 内橋克人さんの「ビジネス展望」復帰を喜ぶ | トップページ | 麻生政権は米国にイスラエルを止めることを求めよ »

2009年1月 7日 (水)

とくらさんのトラックバツク

とくらさんという方からトラックバックを送っていただく。「小泉、竹中路線の見直しは、労働者派遣法や医療制度改革等の政策的なものだけで終わってはならないと思います。政治家やマスコミだけでなく、国民ひとりひとりが、『小泉的なもの』全体について考えてみるべきだと思います」。その通りですね。選挙に出ておられる方なので、「多くの有権者が、自らの浅薄で論理を軽んずる、内なる小泉的なものを厳しく見つめ直し、心から反省すべきだ」という言い方はしておられないわけですが。

町のオバサンたちや、一部ワイドショーの発言に「小泉さんも、息子を後継者になんていうのはちょっとがっかり」というのがよく聞かれるようになったのは興味深い。オバサンたちは自ら反省するわけではなく、戦争が終わったときに無反省な人々が言ったという「騙された」というレトリックで自己正当化しよう面もあるあるわけだが、少なくとも「まずかったかな」という感覚は後継指名をきっかけにさらに広く共有されるようになった。

ドラマの主役を張ってきた小泉氏は、旧約聖書のサムソンやゲルマン神話のジークフリートのように、全てをぶちこわしにしてしまう自らの弱点を、運命に導かれるようにさらけだした。無意識のうちに、「自民党の黄昏」でも主役を演じたがっているのだろう。

そういえば、政権投げ出しで国益の甚大な損失を招いた安倍晋三氏は、何ら総括をしないまままだ政治家を続けるつもりなのだろうか。信じられない。

さて、政治における「ことば」は、もっと落ち着いて、吟味して使われるべきだ。一方同時に、政治にはドラマであるという側面があることも否定できない。自民党離党者が役割を果たす程度の結果では、日本人の物語が前に進まない。この際、有権者に求められているのは「劇的な投票行動」であることも事実だろう。

|

« 内橋克人さんの「ビジネス展望」復帰を喜ぶ | トップページ | 麻生政権は米国にイスラエルを止めることを求めよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/43665167

この記事へのトラックバック一覧です: とくらさんのトラックバツク:

« 内橋克人さんの「ビジネス展望」復帰を喜ぶ | トップページ | 麻生政権は米国にイスラエルを止めることを求めよ »