« 東京に赴任2度めのオーストラリアの友人へ | トップページ | もっとイスラム圏に関心を=見あたらない世界イスラム経済会議の報道= »

2009年3月 3日 (火)

「小沢民主党代表の公設秘書逮捕」-民主党指導部の危機管理能力が問われる

党首が当事者の問題であり、ここは鳩山幹事長、菅代表代行をはじめとする党首を除いた党首脳部の正念場だ。

鳩山幹事長の当初のコメントは、ダメージを弱めて様子を見るために致し方ないと思う。戦術的には適切な対応だったかもしれない。

「企業が政治家に献金はダメ。ただし、政治家個人ごとに設けられている政党支部あてにはOK。パーティー券の購入は良し。しかも1回20万円以内なら名前出さなくて良い」

こんなところが基本ルールだと思う。このルールを聞いたとたんに、回転のいい人なら「何回もパーティーを開いて、各回20万円以内の購入を繰り返してもらえば、いくらでも透明性のない献金をしてもらえる」など、いくつもの抜け穴を考えつくだろう。

西松建設が考えた抜け穴は、「企業の献金」ではなくて、「社員たちの個人の献金」ですよという形式を整え、あとで個人が献金した分を会社がボーナスなどで穴埋めしていたということらしい。

「いいや、個人献金として集めた団体から、上限などの制限も含めすべて適法に受け取ったもので、形式も全て整い、届け出も適正だ。小沢事務所側に何の手落ちもない」というのが、小沢氏や民主党の立場だ。

東京地検特捜部は「形式はそうだが、それは偽装で企業献金だ」と言っているわけだ。

小沢氏側にも言い分があるわけで、法律的には最高裁で有罪が確定するまでは「無罪」を推定すべきだ。ただ、それはあくまで「法律的には」という話で、法律的に正しいということと、政治的に賢明ということは食い違うことがあり得る。

スピード違反で走っている車は多いし、酒気帯び運転も根絶されているわけではない。検挙されるのはほんの一部に過ぎない。-だからといって、検挙されたことをなかったことにすることはできない。

秘書逮捕が不当ないし間違いだったことを証明することは可能だろうし、そう信じたい。しかし、目前の、世界政治の転換点に行われる、日本の政治史にとって重要な選挙には間に合わないだろう。

ここは民主党指導部のギリギリの判断を見守りたい。

ただ、こう書いてきて、やはり「民主党がさわやかに政権をとる」というイメージにより、新しい政権への国民の支持、求心力を作り出すためには、小沢さんが「ここは一度、黙って身を引かせていただきます」と言うことは意味のないことではないという気持ちが強くなってきた。

小沢氏がそう言ったときに、森田は「無責任だ」「敵前逃亡だ」というつもりはない。

|

« 東京に赴任2度めのオーストラリアの友人へ | トップページ | もっとイスラム圏に関心を=見あたらない世界イスラム経済会議の報道= »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/44235277

この記事へのトラックバック一覧です: 「小沢民主党代表の公設秘書逮捕」-民主党指導部の危機管理能力が問われる:

» また「ホップ・ステップ・肉離れ」ですか [vanacoralの日記]
ここ最近の、民主党・小沢代表による「第七艦隊」発言に対する批判、また、産経新聞による、小沢代表の拉致問題に対する認識に関する批判に対しては、「ネガキャン何するものぞ」と思っておりました。しかし、今回の西松建設問題に関しては、さすがに「最悪の事態」を想定せ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 22時23分

» 【国策捜査?】検察当局は証拠を、小沢代表は真相を速やかに明らかにすべきだ【政治とカネ】 [ステイメンの雑記帖 ]
 1月に前社長などが外為法違反で逮捕された準大手ゼネコン西松建設に絡む一連の事件が遂に政界に波及し、何と政権奪取を目前に控えた 民主党小沢代表の公設第一秘書が政治資金規正法違反の疑いで逮捕という事態に発展 した! (以下、引用開始) 代表秘書逮捕に動揺= 「国策捜査」と反発も-民主  民主党の小沢一郎代表の公設第1秘書が政治資金規正法違反の疑いで逮捕され、同党内に動揺が広がった。同時に、 次期衆院選を控え、同党への追い風が伝えられる中での捜査に「明らかに国策捜査だ」(中堅)と反発する声 も上がった。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 22時31分

« 東京に赴任2度めのオーストラリアの友人へ | トップページ | もっとイスラム圏に関心を=見あたらない世界イスラム経済会議の報道= »