« 李明博・韓国大統領の対北朝鮮政策-今こそ日韓協力強化に動くべきとき | トップページ | 広島の原爆資料館(平和祈念資料館)は構成に工夫の必要あり »

2009年3月12日 (木)

「あらゆることが流動的」-日本語を褒められた =後任は岡田さんでしょう=

英語国の外交官が電話してきて「日本の政治どうなりますか」と言うので、日本語で以下のような話をした。

「新聞に書いてあることとだいたい同じだが、小沢さんは民主党を選挙に勝たせるために辞めるだろう。(後はだれになりますか?民主党の中はグチャグチャになるんじゃないですか)40歳代の人たちも支持するということを考えると岡田さんだろう。現執行部の菅さん、鳩山さんということもあるだろう。多少つきあいのある自民党の長老は、今回の事件のずっと前から『あそこは結局、鳩山なんだろう』と言っている。

 岡田さんになれば、イメージもいいし、かえって無事に民主党政権ができるんじゃないかな。ただし、交代が早いタイミングになると、自民党内でも総裁選挙ということになっていくかもしれない。みんな言っているけれども、どっちの党も、いま自分が動くと、それがはねかえって自分の当選に不利な状況が起こるかも知れないと動かずにいるということでしょう。どうなるかわからないというのが本当で、ひょっとしたら何週間か後には、河野太郎政権なんていうのができているかもしれない」。

そんな話をしたら、「森田さんが最後に言った『あらゆることが流動的』という表現が、いまの日本の政局にとても合っていると思います」と日本語を褒められた。

|

« 李明博・韓国大統領の対北朝鮮政策-今こそ日韓協力強化に動くべきとき | トップページ | 広島の原爆資料館(平和祈念資料館)は構成に工夫の必要あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/44321370

この記事へのトラックバック一覧です: 「あらゆることが流動的」-日本語を褒められた =後任は岡田さんでしょう=:

« 李明博・韓国大統領の対北朝鮮政策-今こそ日韓協力強化に動くべきとき | トップページ | 広島の原爆資料館(平和祈念資料館)は構成に工夫の必要あり »