« 小沢代表続投-衆院選、勝ちすぎないのもいいかもしれない | トップページ | 最近の中国、日中関係についての感想 »

2009年3月25日 (水)

「イチロー敬遠せず」の韓国に拍手。北朝鮮のロケット発射は「敬遠」した方がいいんじゃないか。

朝日新聞の「天声人語」でWBC決勝戦イチローの決勝打は、韓国が敬遠せずに勝負してきたせいもあると知る。さすが韓国、熱く潔い。

さてウルマさんだか、ムラマツさんだかの政府筋が「当たりっこない」と言い、中曽根ジュニア外相が「難しい」という、北朝鮮が打ち上げに失敗した場合のロケット残骸「迎撃」のことだが、これは確かに判断が難しい。

前にも書いたが、「人工衛星と言うが、実質ミサイルだからけしからん」というロジックは、裏返せば「実質ミサイルでも、同じ技術であり『人工衛星打ち上げ』という外形が国際法上も整っているのだから仕方がない」ということになる。これは「公表された『表』の政治献金だが実質はワイロだ」、「いや、問題は法的な正しさであり、政治資金規正法の問題としては完全なシロだ」という話と似ている。

打ち上げに成功すれば、日本の領空のはるか上を飛んでいくので、それに対して迎撃ミサイルを発射しようというのは法的にも問題がある。北朝鮮の「無用な挑発」に「無用な挑発」で応えることになる。

森田はもともと、「世界の安全保障とあるべき日本のイニシアチブの関係」「コストとの見合い」などから、わが国が安倍政権の時に決めたミサイル防衛(MD)の配備は撤回すべきだと考えている。

まあ、この立場からすれば、打ち上げ失敗の残骸が領土・領空・領海に落ちてくるといった際には、とにかくミサイル防衛システム(MD)なるものを作動させ、その技術的な限界とコストがはっきりした方が好都合だと思う。ただし、北朝鮮のロケットだけでなく、日本の迎撃能力についても詳細なデータをとろうとしているのは、米軍ばかりではなく、中国やロシアも同様だろう。

これは「熱く、潔ければいい」というわけにはいかない。スポーツじゃないんだから。

|

« 小沢代表続投-衆院選、勝ちすぎないのもいいかもしれない | トップページ | 最近の中国、日中関係についての感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/44460775

この記事へのトラックバック一覧です: 「イチロー敬遠せず」の韓国に拍手。北朝鮮のロケット発射は「敬遠」した方がいいんじゃないか。:

« 小沢代表続投-衆院選、勝ちすぎないのもいいかもしれない | トップページ | 最近の中国、日中関係についての感想 »