« 映画「ダークナイト」(2008年) | トップページ | 国益に反する安倍晋三氏の危険な「先制攻撃」論 »

2009年4月21日 (火)

国益に反する麻生総理の供物奉納=野党、メディアは「東条英機ら合祀」の靖国神社への供物奉納を厳しく問い糾すべき

靖国神社は、神社の意思として東条英機らいわゆる「A級戦犯」を合祀し、境内に「遊就館」という侵略と軍国主義を美化する博物館を整備している。

そのため天皇は参拝せず、中国や韓国に配慮して主要閣僚をはじめほとんどの現職閣僚は参拝を見合わせている。

細かい論点を措くとして「東条英機らの合祀を続けるなら、首相らの参拝はない」。「靖国神社側がその点を改めれば、参拝の道は開かれる」という事実上のコンセンサスが変な右翼を除けば出来ているといって良いだろう。

その「東条英機らの合祀を続ける靖国神社」に内閣総理大臣として供物を奉納するような総理大臣、そうした人を総裁に頂いて何の批判も起こらない自民党に、日本外交の「地元」である北東アジア近隣諸国との良い関係が築いていけるか大いに疑問だ。国益に反する行為だ。

首相が靖国に供物奉納

2009年4月21日(火)13時20分配信 共同通信

 麻生太郎首相が21日から始まった靖国神社の春季例大祭に合わせて「内閣総理大臣」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納していたことが同日、分かった。現職首相の靖国への供物奉納は、07年4月当時の安倍晋三首相が行って以来。首相は29、30日に中国訪問し首脳会談を予定しており、訪中直前に発覚したことで中国側が反発することも予想される。韓国も懸念を表明する可能性がある。

|

« 映画「ダークナイト」(2008年) | トップページ | 国益に反する安倍晋三氏の危険な「先制攻撃」論 »

コメント

岩手県民を自覚していた東条英機の霊は靖国神社にはいない。
問題は東条英機にあるのではなく、東条英機を靖国神社に合祀した連中にある。

東条英機の霊は、今も父祖の地である盛岡の岩手公園のあたりを彷徨っている。

本人の意志に反した合祀などやめてほしい。
東条英機の霊は、本人の意志どおり、故郷に鎮めるべきだ。

投稿: 岩手県民 | 2009年4月21日 (火) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/44741634

この記事へのトラックバック一覧です: 国益に反する麻生総理の供物奉納=野党、メディアは「東条英機ら合祀」の靖国神社への供物奉納を厳しく問い糾すべき:

« 映画「ダークナイト」(2008年) | トップページ | 国益に反する安倍晋三氏の危険な「先制攻撃」論 »