« 映画「メトロポリス」(1927年) 感想 | トップページ | 小沢一郎氏の「説明責任」より、麻生総理の「任命責任」 »

2009年5月11日 (月)

小沢民主党代表辞任の報を聞いて

月曜の事務所、15時に視聴中のNHK・BS1の速報テロップで知る。政権交代実現のために良かったと思う。

民主党に期待すること二つ。

ひとつ。事態収拾は速やかに、鮮やかに。

ふたつ。衆院で審議中の補正予算案。霞が関と天下り団体にやさしく、場当たり的なものである問題点はかなり明らかで、民主党も予算委員会で明確に突いているにもかかわらず、テレビで視聴する国会審議をめぐる二ュース原稿のレベルなどでは「中味」が見えないまま「採決して欲しい」「もっと審議を」という、ただ引き延ばしているという印象を与える話になってしまっている。

国民が求めるのは小泉・竹中路線の「転換」だが、さりとて、麻生内閣がやっているようなかつての政官財癒着の場当たりバラマキと、天下り官僚のための予算無駄使いを復活してほしいわけでは全くないのだ。

提出されている補正予算のどこがダメか、徹底整理したメモを各議員が頭にたたき込み、有権者やプレスと接触する度に繰り返し、やがて国民各層も「だから自民党はダメなのか」とわかるように徹底的な広報を行うべきだ。

親鳥は小鳥に鳴き声を100回聞かせて鳴き方を教えるというのは俗説だろう。ゲッペルスを引き合いに出すのは適当ではないかもしれない。

しかし、時は今だ。

「補正予算」の「中味」を題材に、民主党は自民党に徹底した攻撃を繰り返し、繰り返し、その辺の小学生が歩きながら独り言で言うようになるのまで行うべきだ。反転攻勢の時である。

チャンスなのだ。世襲さえ止めたくないと言っているのだから。

(自民党はバカだなあ。麻生氏がワシントンのG20から帰国した羽田で、補正の規模だけ言って小沢氏が決断できないうちに解散を表明していれば、政権維持の可能性もあったのに‥)

|

« 映画「メトロポリス」(1927年) 感想 | トップページ | 小沢一郎氏の「説明責任」より、麻生総理の「任命責任」 »

コメント

冷静なコメントさすがです。

投稿: とりろん | 2009年5月11日 (月) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/44979053

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢民主党代表辞任の報を聞いて:

» 民主党:小沢代表は辞任するな! [onsentabiのフログ”温泉旅ねっと”]
民主党、小沢代表は辞任するべきでない。 今辞任すれば官僚と自民党の思うつぼだ。 西松建設の違法献金事件で公設秘書が逮捕されたが、 政治資金規正法違反(虚偽記載など)で、 献金の実質的な献金元が問題とな... [続きを読む]

受信: 2009年5月11日 (月) 15時54分

» 小沢一郎・民主党代表辞任会見 詳報 [observation]
民主党代表の小沢一郎氏の辞任会見 小沢代表 辞任会見 LIVE中継 その1:Yo... [続きを読む]

受信: 2009年5月12日 (火) 19時49分

« 映画「メトロポリス」(1927年) 感想 | トップページ | 小沢一郎氏の「説明責任」より、麻生総理の「任命責任」 »