« 小沢一郎氏の「説明責任」より、麻生総理の「任命責任」 | トップページ | オバマ大統領より日本共産党の書簡に返事 »

2009年5月13日 (水)

「ふまじめ」麻生への対抗馬には、「きまじめ」岡田がいい。

民主党代表には、政策面では横路孝弘氏がいちばんいいと思う。副議長なんかやっている場合かな?

菅さんの不出馬表明も残念だ。

保守系の候補では岡田さんがベターだと思う。鳩山さんのふにゃふにゃして何を言っているかわからないところは、女性たちに根強い支持があるらしいが、「ふまじめ」人気だとすれば麻生氏のキャラクターとかぶる。

全体状況がこのような中だから、「ふまじめ麻生」に「きまじめ岡田」をぶつけるのが良いのではないか。財界二世に期待しすぎるのは、近衛文麿に期待した祖父の世代の失敗を繰り返すことになりはしないかという心配がないではないが。

「きまじめ岡田の再挑戦」。一陣の爽やかな風が吹き込むような気がするのは、私がナイーブすぎるのだろうか。

|

« 小沢一郎氏の「説明責任」より、麻生総理の「任命責任」 | トップページ | オバマ大統領より日本共産党の書簡に返事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/44997329

この記事へのトラックバック一覧です: 「ふまじめ」麻生への対抗馬には、「きまじめ」岡田がいい。:

« 小沢一郎氏の「説明責任」より、麻生総理の「任命責任」 | トップページ | オバマ大統領より日本共産党の書簡に返事 »