« 金正男氏、中国亡命も? | トップページ | 読売、蓮池薫氏のインタビュー記事掲載 »

2009年6月18日 (木)

小泉純一郎氏を日本郵政の社長に

臓器移植法「A案」衆院通過。家族が「脳死判定」を拒否できることが確保されている一方で、脳死移植の年齢制限が撤廃され、また大人の移植も増えることが期待できる法改正であり、良かったと思う。

メディア報道が「子どもの移植」の話題に偏り、しかも他の案について「児童虐待でないか厳しいチェックを盛り込む」と取り上げるなど、国会外の空気はA案に厳しいような気がしていた。A案以外では「大人の脳死移植」は増えない。

これに関連する各種記事を見ていたら、沖縄選出の下地幹郎代議士(国民新党)が、ブログで「引退する小泉純一郎元総理を日本郵政の社長に起用すべし」という奇抜な提案をしていた。

これは名案だと思う。竹中平蔵氏は、大きな権力がなく、言っていたことの実現に骨を折らなければならない参議院議員の職を、金儲けに都合が悪いということもあってか辞めてしまったが、「命をかけてもいい」と言っていた小泉さんなら、まさか断らないでしょう。

|

« 金正男氏、中国亡命も? | トップページ | 読売、蓮池薫氏のインタビュー記事掲載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136601/45377484

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉純一郎氏を日本郵政の社長に:

« 金正男氏、中国亡命も? | トップページ | 読売、蓮池薫氏のインタビュー記事掲載 »