文化交流

2009年2月 9日 (月)

カナダ大使館が「留学希望者に8万円を給付」だって

うちの大学受験一浪女子、なんとか滑り止め確保し奮闘中だが、その母親が食卓の席に新聞記事切り抜きを置いてやっていた。

カナダに留学する学生に「8万円給付」という募集記事。8万円では費用のごくごく一部にしかならず、この「給付」は目玉で、カナダが留学生募集に熱心で「文化的にも開かれた国よ、よろしくネ」と売り込む広報戦術なんだろう。

たとえ8万円でも、ニンジンをぶら下げれば森田家のようなさもしい一家は大注目。しかし、記事をよく読んでみると学校への出前授業などの方がむしろ実質的で、カナダ外交官の、カナダを愛する仕事ぶりが目に浮かぶ。

日本の外務省も負けずに頑張れよ。自公政権や民主党の一部みたいに、「武器使用緩和してくれなきゃ」なんてもったいぶって権勢拡大の火事場泥棒を狙う海上自衛隊にお願いしてソマリアに出てもらうよりも、こういう文化交流に頭を使う方が、手間はかかるけれども日本の存在を示す外交PRとしてよっぽど気が利いている。

【以下、切貼】

カナダ大使館 留学希望者に8万円を給付  朝日新聞 2009年2月9日
      
 カナダ大使館は6日、日本との修好80周年を記念した様々な事業を発表した。

 目玉事業の一つは、カナダへ留学する人への8万円の給付。2週間以上の留学を希望する80人を対象とし、日本在住で日本国籍を持ち、来年3月までに出発できることが条件だ。「あなたの将来を想像して下さい。イノベーションがあなたとカナダを結びます」というテーマのエッセーを、日本語で2千字以内、英語、フランス語なら1千ワード以内で提出し、審査のうえ決定する。応募締め切りは4月30日。

 また、同大使館は4月から1年間、大使館員が全国80の小中学校を訪問し、「多文化主義の国、カナダへようこそ!」という題名で、カナダの地理、歴史、社会、文化などについて出前授業をする。要望があれば高校、大学にも対応する。基本的に日本語の講演だが、英語やフランス語でも可能。募集期間は5月29日まで。

 同大使館は、東京に来る修学旅行生向けに、ガイドを付けた大使館内のツアーも実施する。所要時間は30~40分で、先着80校に対応するという。

 申し込み、問い合わせは同大使館(03・5412・6268)。

【切貼以上】

| | コメント (2) | トラックバック (0)