飲食店

2009年2月18日 (水)

「閉店」に感じる時の流れ-溜池・ラーメン大将、下北沢・代一元‥

たまたま近くに行ったので、溜池交差点の小松ビル地下の「ラーメン大将」に行って豚のバラ肉の唐揚げを載せたラーメンを食べようと思った。階段を降りるときには、食券を買うイメージ、スープに口をつけたイメージが膨らみ‥

閉店でした。学生時代に近くに務めていた先輩に連れて行かれたのがはじめで、太麺だし、年食って肥満が気になりだしてからはあまり足を運ぶことがなかったものの‥

関連情報検索してみると2003年に目撃情報があり、2006年に閉店情報がある。森田が何年か東京離れていた間に閉店していたようだ。

飲食店にも人生のようなものがあり、中年まで生きてくる間にも変化がある。

最近、小池栄子さんが出演した「私がこどもだったころ」(NHK)の再放送が総合テレビであったが、たしか去年放送されたあの番組の中に出てきた下北沢の「宮川カメラ」さんも閉店してしまったし、夫婦がアップで出てきたコロッケが安かった肉屋さんは、いまは綺麗なファッションの店に変わってしまった。

もっと言うと、小池栄子さんが以前、トンネルズの食わず嫌いにたしか手みやげにカレーパンを持参されたが、そのパン屋さんマルジュウ(丸十)さん、ここのあんパンは日本一うまいと思っていたのに数年前に閉店。

さらに小池さんがその番組のトークで「ワンタン麺」を紹介した下北沢南口駅前のマクドナルド地下にあった「代一元」も何年か前に閉店。店主だった半田さんが「頼まれちゃって」と近くの店を元気で手伝っておられるのを発見したのは嬉しかったけれど‥

この前、豪徳寺の「代一元」という同名の店にはじめて行ってみたら、味に共通点。奥さんに聞いてみたら「下北沢のお店も、もともとは同じお店で修行した間柄。笹塚のも閉店してしまったし、どこも後継者のこととかたいへんみたいで」とのこと。

流れゆく時に懐旧の情忍びがたく‥。これが人生というものだろう。せめて、語ること、なすこと「良いところもあった」と思い出してもらえるように、少しは心がけたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)