スポーツ

2009年3月25日 (水)

「イチロー敬遠せず」の韓国に拍手。北朝鮮のロケット発射は「敬遠」した方がいいんじゃないか。

朝日新聞の「天声人語」でWBC決勝戦イチローの決勝打は、韓国が敬遠せずに勝負してきたせいもあると知る。さすが韓国、熱く潔い。

さてウルマさんだか、ムラマツさんだかの政府筋が「当たりっこない」と言い、中曽根ジュニア外相が「難しい」という、北朝鮮が打ち上げに失敗した場合のロケット残骸「迎撃」のことだが、これは確かに判断が難しい。

前にも書いたが、「人工衛星と言うが、実質ミサイルだからけしからん」というロジックは、裏返せば「実質ミサイルでも、同じ技術であり『人工衛星打ち上げ』という外形が国際法上も整っているのだから仕方がない」ということになる。これは「公表された『表』の政治献金だが実質はワイロだ」、「いや、問題は法的な正しさであり、政治資金規正法の問題としては完全なシロだ」という話と似ている。

打ち上げに成功すれば、日本の領空のはるか上を飛んでいくので、それに対して迎撃ミサイルを発射しようというのは法的にも問題がある。北朝鮮の「無用な挑発」に「無用な挑発」で応えることになる。

森田はもともと、「世界の安全保障とあるべき日本のイニシアチブの関係」「コストとの見合い」などから、わが国が安倍政権の時に決めたミサイル防衛(MD)の配備は撤回すべきだと考えている。

まあ、この立場からすれば、打ち上げ失敗の残骸が領土・領空・領海に落ちてくるといった際には、とにかくミサイル防衛システム(MD)なるものを作動させ、その技術的な限界とコストがはっきりした方が好都合だと思う。ただし、北朝鮮のロケットだけでなく、日本の迎撃能力についても詳細なデータをとろうとしているのは、米軍ばかりではなく、中国やロシアも同様だろう。

これは「熱く、潔ければいい」というわけにはいかない。スポーツじゃないんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

陸上100メートル ジャマイカの愉快な世界チャンピオン

 9秒69の世界新記録を出したジャマイカのウサイン・ボルトの走りがいかに凄いものだったかについては、門外漢の森田が付け加えることは何もない。

 スタート前にダンスし、ゴール前に胸を叩いて「勝利のポーズ」、インタビューの合間にはカメラに向かっていたずらポーズ。お調子者の若者に見えてしまうボルト選手の人柄、ジャマイカのゆるい感じの魅力についてもほぼ語り尽くされていることだろう。

 後段については朝ワイドショーの映像見ながら、改めて面白いと思う。ふざけていると思う人もいるだろうけれども、所詮スポーツなのだから、国旗を背負ってプレッシャーに押しつぶされたり、スポーツではなく経済力の戦いになっているような様子を見せつけさせるよりも、映画『クール・ランニング』を彷彿させるような愉快な天才が、やりたい放題をやって(いるように見せて)世界新記録。ジャマイカチームが超大国アメリカに「勝利」というのもたいへん結構。

 それにしても足が長い。モンテゴベイの空港のトイレの男子小用便器の「高さ」に苦笑(苦労に近い)したことを思い出す。イギリスの旧植民地で英語が通じる、ゆったりペースの心地よい国だ。余談だが、下北沢南口商店街にたしか「420」という名前のジャマイカ風の小さなアクセサリー店がある。ある夕方、朝日ニュースター『ニュースの深層』のキャスター金慶珠さんがその店から出てきたのを見かけた。ジャマイカファンなのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福原愛選手、台湾監督に電話して日本チーム当日練習相手を派遣してもらう

 卓球女子団体の日本チームはメダルに届かず残念だったが、敗者復活2回戦で強豪香港を破った際に、福原愛選手が得意の中国語を活かして前夜台湾チームの監督に電話をかけ、早朝から練習相手の選手を一人派遣してもらったというエピソードに感心した。

 試合当日練習で3人だと1人余るので効率を考えてということだが、近隣諸国のことばを話せるということが、世界の舞台で日本が活路を開いてゆくときに役に立つということを示すモデルになっているように思う。最近の中台関係の雪解けムードという背景もあるだろうが、このストーリーが日本、中国、香港、台湾といったマルチラテラルな関係において展開しているところが、時代を先取りしている。

 総合商社などでは、第二外国語としての中国語に徹底して力を入れているらしい。日本からの若い留学生も増えていると聞く。いつも言うことだが、長期的な国益を考えれば、初等中等教育で「外国語と言えば『英語』一辺倒」の発想では、19世紀でもなく、20世紀でもない現代とこれからの「現実」に適合できないのではないか。

 さて、日本チームは3位決定戦で韓国に敗れた。韓国の人々は最近の「竹島」の摩擦で、表向きは領土問題のことで怒っているが、心の底では「日本は韓国のことを全然大切に思っていないじゃないか!」と怒っている。

 「竹島」のことは安倍晋三や中川昭一に連なる手合いや外務省、文科省に巣くう頭の悪い右翼官僚の工作に乗せられて国内で盛り上がっているだけではなく、歴史的な背景や資源などの現実問題も全て視野に入れ、韓国側との対話によって諸要素の均衡点を互いに見つけて折り合わなければならないと思う。

 しかし、それはそれとして「対韓国戦」は相手に敬意を払えばこそ、必勝の気概を持って全力で戦って欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイムオフ

 今日と明日、夏期休暇。スポーツ中継を熱心に見る方ではないが、たまたまテレビの電源を入れたり、チャンネルを切り替える時などに目に入った場面に見入ることがある。オリンピック始まって早々、女子バトミントンのペアが世界ランキング一位の中国ペアを破る金星を挙げる瞬間も、たまたま目にした。

 そうした具合で引き込まれ、印象に残ったのが12日の水泳、女子200メートル個人メドレー準決勝で北川麻美選手が挑んだ「スイムオフ」だった。

 ハンガリーの選手と8位で同タイムになり、決勝進出を二人のうちから一人に絞らなければならないため二人だけでレースの30分後に泳いで決着をつける。「スイムオフ」と言うのだそうだ。おまけに北川選手は個人メドレー準決勝の30分前には平泳ぎの決勝に出ていて、スイムオフはその日3本目の泳ぎという。

 準決勝後のインタビューの北川選手は「決めることができていれば‥」とちょっと泣きべそ気味だったが、1対1でスタート台に向かう様子は侍の雰囲気を漂わせる。スタートに二人だけ並ぶ様子はさながら決闘だ。

 北川選手はこのスイムオフを、日本新記録で制した。いやあ、北川選手は女性だが、つい「男の中の男!」ということばが浮かんだ。われに返って自らを顧みれば、恥じ入ることばかり多い‥

 よい戦いを拝見させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)