芸能・アイドル

2009年4月23日 (木)

草なぎ剛君逮捕のニュースを聞いて(感想)

驚きのニュースだったが、ます思ったのはとにかく日本の場合は警察が出てきた場合「ご迷惑をかけて申し訳ありません」と権威を認めたふりをして低姿勢で出るか、反抗的な態度をとるかどうかで扱いが全く異なると聞くので、恐らく後者の方だったのではということ。

ついで思ったのは、草なぎ君は韓国通で韓国語も得意なので、

▼もし酔っての叫び声に韓国語が混じっていたことが逮捕に関係しているとすれば、関東大震災時の官憲がからんでの朝鮮人虐殺という過去もあるので、その時の警察官とのやりとりは詳細にフォローする必要がある。

ということだ。帰宅して娘に聞くと、案の定酔って一部は韓国語で叫んだり、歌うったりしていたという。

さらに、ワイドショーなどを見ていた娘によると、

▼鳩山邦夫総務大臣が激怒して「人間として最低だ」といった趣旨のことを吐き捨てるようにコメントしていたという。そうかな。確かにご近所に迷惑というのは反省しなければいけないけれども、若い人が酔っぱらってハダカになったことで、国務大臣が「人間として最低」などと断じるのは、むしろ品格に欠けた、思い上がった発言ではないか。

「地デジ」のPRキャラクターということがあるのもしれない。しかし、それを言うなら、総務省の役人の天下りや接待、蓄財に都合がいいからだかなんだか知らないけれども、この国民生活厳しき折に、不要不急の「地デジ」に血道を上げている自分たちの方が「最低」なんじゃないか。

▼この際、草なぎ君の「地デジ」関連のコマーシャル出演料なども国民の前に明らかにし、総務省だの、それに連なるいろいろな機関や企業が「国民の税金」をどれくらい無駄遣いしているのか、していないかも徹底解明すべきだ。

鳩山邦夫氏の「かんぽの宿」がらみの仕事などはいい仕事だ。まあ、今回の大臣コメントでお里が知れたことで、「かんぽの宿」が自民党の支持率アップにつながる効果が減殺されたとすれば良かったが。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年3月 2日 (月)

映画「少年メリケンサック」-僕もあがきつづけるしかないな

期待通りの出来映え。とっても面白くて、やがて哀しいのでぜひご覧下さい。

宮崎あおいさんが『篤姫』と平行して、この「中指立て」連発のドラマ撮影していたというのがプロなら当然なんでしょうけれども、すごい。

帰宅すると、フジテレビの「宮崎あおい、心にしみるアフリカ」という、彼女がルワンダを訪問した番組をやっていた。途上国支援について、長期的視点と責任感のある考えを話していて、本当にこの人には、これからの世代の日本人として大いに頑張って欲しいと思う。

森田ごひいき佐藤浩市さんも、あおいちゃんの中指立てに対抗して「(彼氏の)○○○でかいのか?」「○○○でかいのか?」、「おい、○○○でかいのかよ!!」と下品なことばを連発、自民党の中川昭一のレロレロに対抗してゲロゲロで頑張っていた。クドカンは若い人、例えば働く若い女性を面白がらせて、何かを教えようとしているのだろうけれども、森田は当然おっさんバンドの方の年代なので、「25年前には大人にバカにされ、いまじゃ若いのにじゃまにされ」とぼやきつつ、「今やらなきゃならないんだよ」とあがき続けることになるんだろう。それでいいんだとクドカンが言ってくれているような気もする。

(民主党元代表の岡田克也代議士がブログに格調高い感想書いておられるけれども、どうもこっちはお下品で申し訳ありません)

2009年3月1日、池袋サンシャイン・シネマ。子どもたちには新宿ピカデリーの『おくりびと』の券をとってやる。二人とも、いろいろ感じるところ、考えるところあったようだ。こちらの映画については、多くの人が見ることで、日本は一つステージが上がるような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

毒蝮三太夫氏が「クローズアップ現代」ゲスト出演(2009年2月18日、NHK総合)

先日、たまたまかぜで寝込んだ昼前にTBSラジオで毒蝮三太夫さんの声を聞いたことを書いたが、昨日の「クローズアップ現代」にスタジオゲストとして出てきたので驚いた。

いきなり国谷裕子キャスターに「いやあホントに綺麗だなあ、こうしてお目にかかると。昔から番組では拝見してるけど‥」とたぶん打ち合わせにない発言で、さすがの国谷さんも一瞬あっけにとられてしまったものの、「冗談はともかく」と笑顔で応じていた。

下町育ちの子ども時代のこと、ラジオで「悪口」を言うようになったきっかけなども興味ぶかかったが、大学で福祉を教えているということも初めて知った。

学生に、お年寄りとコミュニケーションをとるコツとして「三つのかける」を紹介していた。

(1)笑顔で話しかける。

(2)肩に手をかけて話す。

(3)気にかける。

と教えているそうだ。笑顔でというのは「あなたの味方ですよ」ということ。肩に手をかけるというのはスキンシップをとるということ。気にかけるというのは「かぜ直ったか」とか、相手の心配を気にかけるということだそうだ。日本が世界とコミュニケーションをとる心がけとしてもそのまま当てはまると思う。

森田は番組のはじめの方の綾小路きみまろの「冷え切った夫婦関係」のギャグで大笑いしていたら、「笑いすぎ」と叱られてしまったが。

【以下、NHKのページより切貼】

2月18日(水)放送
変わる老いの“常識”

「1つ覚えて3つ忘れる中高年」「日本はジジババの養殖場」。中高年をネタにした毒舌漫談で綾小路きみまろさんが人気だ。ファンの多くはギャグにされる中高年。CDは記録的ミリオンセラー、ライブはいつも超満員になる。"介護界のきみまろ"、理学療法士・三好春樹さんが介護従事者を対象に行う講演も大人気。「人は老いると頑固さを増し、スケベさを増す」として、肩の力を抜いた介護の実践を説いている。さらに、若者主体のファーストフード店では若者と同じシフトで働く老人が活躍。また、長寿には体の健康より脳の活性化が大きく影響するという研究結果も出ている。変わりつつある"老い"への向き合い方。中高年のカリスマたちの人気の秘密を追いながら、超高齢化社会を生き抜くヒントを探る。
(NO.2700)

スタジオゲスト : 毒蝮 三太夫さん
    (聖徳大学客員教授・タレント)

【以上、切貼】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

映画『誰も守ってくれない』

午後、新宿ピカデリーで『誰も守ってくれない』。報道と人権、時に牙をむくネット・メディアを背景に描かれるドラマだが、主演の佐藤浩市氏の魅力、テーマの時代性、スピード感のある構成、演出と実に素晴らしい映画だと思った。

人を苦しめる「悪」は凶悪な意思を持った特殊な人や、権力の上の方から人々に降りかかるとは限らない。おもしろ半分だったり、「善意」からくる「横の圧力」というか、空気読めの「空気」に類するものも恐ろしい力を発揮することがある。メディアがそれを無反省に増幅してはならないということがこの映画の作り手の論点の一つなのだろう。

具体的には、最近「被害者の人権」ということがようやく注目されるようになった反面、振り子が振れすぎたように加害者の周辺の「人権」がないがしろにされるようになってはいないかという問題提起がなされているのだと思う。

実は、このまえの戦争だって、多くの人が敗戦後に「騙された」と言い、中国政府が「日本人民も被害者」というのとは違って、南京など中国の都市が陥落するとちょうちん持って行列し、自由主義者や共産主義シンパをよってたかって叩いた議会人、マスコミ、そして一般の人々が作り出した「横の圧力」に政党や支配層、軍部が迎合したり、それに便乗したりして引き起こされたという側面があるのだと思う。「郵政選挙」に幻惑されて、自民党に投票した人もやはり反省が必要なのだ。

しかし、小倉智明さんの推薦、昨夜のテレビドラマ『誰も守れない』にすっかり乗せられて出かけた訳だが、ストーリーの展開に引き込まれ堪能した。映画の最後のところもとても良い。僕もずいぶんたくさん「忘れ物」をしているに違いないと思う‥。

『誰も守ってくれない』『おくりびと』『K-20 怪人二十面相伝』など、あまりたびたび劇場に足を運ぶ方ではないが、最近見た日本映画はどれも素晴らしいものばかりである。今日の新宿ピカデリーでも』『おくりびと』『K-20 怪人二十面相伝』に「チケット完売」の館内放送が流れていたが、わが国の文化、表現の分野はなかなかの水準を示していると思う。それなのに政治・行政の中枢のていたらくはとも思うが、まあ、これも夜明け前の暗闇と考えたい。

それにしても佐藤浩市さんはいいなあ。家人はモッくんの方が贔屓のようだけれども、佐藤浩市さん、『風のガーデン』(フジデレビ2008年)の中井貴一さんなど、自分と同年配のいい役者さんたちのいい演技に触れることができるのはたいへん嬉しい。しかしわが頭髪の寂しさに比べ、佐藤浩市氏のフサフサした髪はうらやましいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

映画「プライド」-楽しい映画です

18日(日)新宿バルト9へ出かけ「プライド」を観る。満島ひかりさんは期待どおり。ステファニーさんとのデュエットは小倉智昭さんが「ハマった」というだけのことはある。

むかし故オーマンディーがコンチェルトの指揮の名人と言われたり、あるいは指揮者のサバリッシュ氏がリートの伴奏を好み、その映像に触れるとなるほどと思わせたことでもわかるように、「合わせもの」には音楽全体を見通す力、相手を引き立てる呼吸、引き立てることでワザを見せるという要素があり、なかなか誰にでもというわけにはいかない。満島さんは才能の片鱗を見せていた。

まあ、音楽にはもともとかなりの程度「対話」の要素があるわけだ。

オペラアリアの口バクも、ステファニーさんより満島さんの方がずっと良かった。『ジヤンニスキッキ』の「私のお父さん」など、少なくともイタリア語のテキストの発音をしっかり練習していた感じがしたし、『のだめカンタービレ』で必ずしもクラシックファンでない人にもいちだんと広く親しまれるようになった『魔笛』の夜の女王のアリアも、振り付けになかなか工夫があった。

これは小柄な満島さんが歌うには「堂々、迫力」という振り付けより、感情を強く出しながらも神経質な感じといういきかたが成功で、声を当てている歌手の方もいい意味で軽めの歌唱-例えばナタリー・デッセーが歌ったときのような感じでよく俳優・演技とあっていた。ここにも座布団一枚。

さて、キムラ緑子さん演じる鬼母の迫力はさすが素晴らしく、これと対決する満島さんも演技力では大人と子どもだったかもしれないけれども、肝が座って一歩も引かないところはやはり「小さな大器」。沖縄アクターズスクールのメソッド・一対一の「ダンス対決」から築き上げてきたものなのだろう。

それにしてもジョン・カビラさんが出てきたのには驚いた。敬愛の気持ちを込めて「下手くそ!」と声をかけたかったけれども、しかしさすがに「声」だけに耳を傾けていると「ラジオドラマ」としては完璧だった。もっとも、素晴らしいんだけれどもいつ映画を見に行っても由紀さおりさんや高島礼子さんが出ているなあというのも困りものなので、最近はコンピューター化されているらしいキャスティングは、データベースからもっと幅を広げたり、深めたりする必要があるのか。ジョンさん起用もそういう努力の一環なんでしょうか

若き作曲家を演じる青年がとてもよい感じで、渡辺謙さんを30若くしたようだなと思って観ていたら渡辺大さんという謙さんの倅さんだそうだ。これは成長株。エンディングロールに黒川智花さんの名を見つけ「どこに出ていたかなあ?」とよく考えようやく思い至って吹き出してしまった。なかなかやるなあ。

| | コメント (0)

「ジュリー祭り」-9条の会は沢田研二氏を加藤周一氏に代わる発起人に要請すべし

17日土曜の夕刻は茶沢通りの代沢小そばの兄弟(?)でやってる魚屋さんに切ってもらったブリなどの刺身と、並びの伊勢屋さんで買った日本酒、いも焼酎で過ごしながら昨年12月28日にNHKハイビジョンで放送された「ジュリー祭り」1時間半を堪能。

グループサウンズ時代は子どもだったし、「TOKIO」くらいから後はテレビでもあまり見かけないなあと思っていたわけだけれども、還暦でコンサート当日は80曲を歌い続け、走り続けたというエネルギー、たぶん他の人には絶対に似合わない純白の酋長スタイル、特に「声」の輝きが一向に衰えないことにただただ脱帽。

「窮状」というネタについては、ご本人もハッキリ発言されているわけだし、亡くなった加藤周一氏の後任の発起人を沢田さんにお願いすべきではないだろうか。

チュッチュルッ、チュッチュルッ‥

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

「とくダネ!」の小倉さん、映画版『プライド』の満島(みつしま)ひかりさんを絶賛

今日のフジテレビ「とくダネ」のエンタメコーナー(9:30前後)で、小倉さんが一条ゆかり原作の映画『プライド』での満島ひかりさんの歌唱、意地悪なところも演じる演技を絶賛「この人は間違いなく伸びる」と言っていた。

この人は『ウルトラマン・マックス』で、エリーちゃんという人間の感情を解することは難しいアンドロイドの役をやっていて、それがあまりにもおかしく、可愛いので、息子と毎週楽しみに見ていた。

その後、NHK朝の連続テレビ小説『瞳』に出ていて、ここでの演技はもう少しゆったりめがいいかな、ちょっと物足りないなと思っていたが、ダンスがとてもうまいことを知った。そして調べてみると、『もののけ姫』の頃に息子と観に行った平成版『モスラ』第2作に出ていた子役だったという。

そう言われるとどこか他でも見たような気がして探してみると、さらにわが家の教育関係のビデオの山の中に、ずっと前に中山秀征氏や奈美悦子さんたちのタレントグルーブが沖縄アクターズスクールを訪ねるバラエティ番組のビデオがあり、そこでインタビューに答えている小学生は山田優さんだけれども、やっぱりダンスが頭抜けてセンス良く目を引く少女が満島さんのようだ。

オバマ大統領とか、小泉純一郎氏のことなど思い浮かべると、カリスマ性とか、人を引きつける魅力とは何なのだろうと考えるが、この人もそれを持っているケースとして注目していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)